羽生くんの金メダルの演技を見て

リンク練習を再開したのが今年に入ってから、とかいう報道もあったし、実際のところどんな演技になるんだろうと心配だったけど、終わってみれば金メダル。もう凄いとしか言えない。

 

平昌入りしてからフリーまでの間、作戦を練る、というような言い方をたびたびしていたと思う。フリーで4回転のレベルを安全なものにしたのも、今やれることの中で勝ち切るという強い意志の表れだったんだと思うけど、怪我からの復帰というドラマチックな展開と並行して、うまくいえないけど、アスリートとしての強さをきっちり持ってる(オリンピックの金メダリストなんだから当たり前なんだけど、あまりに美しい滑りをするからいつもはアスリートということを忘れてしまう)人なんだなあと、改めて感じた。

試合後テレビ朝日の番組のインタビューで、ソチではオリンピックの魔物にやられたけど今回は魔物に背中を押してもらった、というようなことを言ってたのが印象的だった。ショートの好結果でほどけた緊張を6分間練習でジャンプが決まらなかったことで取り戻せたのが良かったらしい。緊張などない方がいいんじゃないかと素人としては思ってたから、ちょっと意外な言葉だった。(NHKのインタビューでは、緊張のコントロールという表現をしていた。)

 

羽生選手が感じた”オリンピックの魔物”について、宇野選手は全く感じなかったという。オリンピックだからという特別な緊張はなくて、他の試合と同じような感じで演技ができたらしい。オリンピックは通過点とも言っていた。
フリーの前だったか後だったか覚えてないけど、自分に勝つ、というような表現もしていたと思う。宇野選手にとってはどんな試合も、自分に勝つための通過点なんだろうか。
今回は、緊張しないようにしようとかせずに、緊張したら緊張したままに受け入れていこう、自然体でいこうと思って、その通りにできたと宇野選手が言っていたのも印象的だった。

 

ソチの後4年間は今回のオリンピックで金メダルを取るためだけにやってきたという羽生選手。インタビューでは、いろんなことを捨ててきたと言っていた。どんなことを捨ててきたんだろう。

 

今回は世界最高を叩き出した時のような完璧な演技ではなかったとは思うけど、それでもため息が出るような美しい滑りだった。その滑りに、いつもは音楽が目に見えるような感じがするんだけど、今回は、勝つ(金メダルを取るとか連覇するという事と、即イコールではないと思う)という強い意志さえなんだか見えるような気がしてしまった。
やっぱ凄いとしか言えない。