ハイキュー!! 第289話 ”楽”・2 感想

最終盤に入ってからネットを越えてもおかしくない長いボールはこれで3回目(それぞれ高さは違うんだろうけど)。1度目は日向のカバーで救われた。2度目はちゃんと両手でセット、日向の速攻につなげた。

(コイツは上げよるぞ!!)稲荷崎も全員警戒している。
侑は治の殺気を囮に使う贅沢を楽しんだけど、影山くんは烏野スパイカー全員を囮に使ってツーアタックを決めた。(治の印象が試合の序盤からここに来るまでにだいぶ変わったような気がする。ここに来ての「殺気」に「最高やわ」という侑には同感)
攻撃の形は違うけど、侑、影山の2人とも、味方まで欺いての攻撃を楽しんで、一歩も退かない戦いをしてるみたいだ。
このツーアタックで30・31。

前回までいい感じのリズムで試合を進めていたと思ったんだけど、月島のこの試合初の攻めるサーブをきっかけにした攻撃から、嫌な感じのはやさになってきたみたいだ。

試合開始早々は、相手応援団のリズムに半笑いしてた月島が、この最終盤に来て月島なりの攻めるサーブをやってきた。”とりあえず入っとけサーブ”を予想してたのは、たぶん敵だけでなく味方も同様だったんだろう。予想外のチャンスボールが返ってきたことが、全員の気持ちを”ここで決める”という意志にまとめてしまったのかもしれない。

終始全員が攻撃に入るスタイルで奪われるのはまずスタミナ。もともと体力にはイマイチ不安の残る月島だけでなく、ウィングスパイカー3人も相当疲労がたまってきてるようだ。セッターとウィングスパイカーは試合の間じゅう出ずっぱりな上に、終始全員が攻撃に入るというんだから、疲れも半端ないんだろうなあ。だから思考に余裕がなくなってくるんだと思う。

身体の疲労とは反比例して攻める気持ちは前のめりになっていく。
身体の疲労を気力で補えるのだとしたら、ウィングスパイカ−3人はもうその段階まできてるのかもしれない。下り坂を駆け下りるように、前のめりになっていく気持ちの早さを抑えきれないのは、たぶん体の疲労も関係してるんだと思う。

インハイ青城戦では、自分のトス回しでなんとか点差を詰めようという気持ちが先走った影山が、烏野の攻撃リズムをどんどんスピードアップさせていった。今回は、影山1人でスピードを上げていったというわけでもなさそうだ。
月島のディグはセッターへの最短距離のようだったし、田中さんの助走は短い。セッターは、考える間どころか息をつく間もないようだ。
早いリズムに乗るために酸欠状態になってるんじゃないかというような表情を見せた影山が、日向の高いファーストタッチで文字通り一息ついたような表情に一変したのが印象的。うるうるの菅原さんの回想まで、涙で歪んでる(?)みたいなのが笑える。

宮城一年選抜合宿で、日向のアドバイスで自信を取り戻した百沢にとっては「ただのパス」の意味が身にしみてわかってるんだろうなあ。

次こそきまるかなあ。