話題のアルマーニ制服の記事を読んで

銀座にある泰明小学校が、標準服にアルマーニを採用したことが話題になっている。4月入学の1年生から採用されるそうで、一式そろえると8万円以上、これまでのものの2.5倍になるという。
6年間の子供の成長を想像すると、在学中に何回か買い換えなければならないんだろうなあ。


導入は校長が1人で決めたという。校内で反対の意見はでなかったんだろうか。
「銀座の街のブランドと泰明のブランドが合わさった時に、学校、子供らが街と一体化する」そうで、視覚から受ける刺激によるビジュアルアイデンティティーを育てるためでもあるらしい。


朝刊に何人かの保護者の声が紹介されていた。その中に、高額な服のことも含めてここに子供を通わせるかどうか選択すればいいだけ、という声もあった。
泰明小学校は学区外の子供も通える「特認校」に指定されているというし、確かにそうですね、なのかもしれない。けど、強者の言葉だなあと思う。
泰明小学校がどれほど特別なブランドなのかよくわからないけど、私立じゃないからなあ。