20カ国外相会談に関連した記事を読んで

18日の東京新聞に、16日に米国とカナダが共催した20カ国外相会合についての記事が載っていた。日韓両国をはじめ、朝鮮戦争で国連軍に派兵した国々が多数参加。米国が朝鮮国連軍への派兵国という枠組みの活用を呼びかけたのだという。記事によると、【日本の外務省は米国の真意を測りかね、当初は出席に消極的だった】という。

記事の見出しに「対北圧力強化で一致  不参加の中ロに履行促す  20カ国外相会合」とあったから、20カ国から外相が参加して開かれた会合なんだろうと思っていたら、今日の朝刊によると、外相が出席したのは11カ国だったみたいだ。
対話による解決を主張している中国が、圧力強化で米国を中心に結束することに警戒感を抱き、参加国に外相の出席を見送るよう求めていたという。【一部の国には複数回にわたり、外相出席や会合への参加を見送るよう要求したという】(東京新聞

中国は、【「国連軍を持ち出して会議を開くのは冷戦思考だ」】と言って開催を批判したという。
外合では、北朝鮮が非核化に向け不可逆的な措置を取るまで圧力を継続するという圧力強化方針で一致、日米韓の外相は、圧力の継続と強化で国際社会を主導することを確認したというけど。
記事を読む限り、対話には北朝鮮による挑発行為の停止が必要という米国国務長官や、北朝鮮が核放棄の意思を示していないから制裁を続けるとしながらも南北対話が核問題解決への突破口となることを期待してるという韓国外相と、南北対話は北朝鮮の時間稼ぎと(そりゃあそうなのかもしれないけど)言い切った日本の外相との間に若干の温度差があるような印象を受ける。


非核化に向け不可逆的な措置を取るまで圧力を継続するというのは、北朝鮮が核・ミサイル開発を止めるというまで圧力をかけ続けるということなんだろうか。ずっと疑問に思ってるんだけど、本当に圧力で核・ミサイル開発を諦める可能性があるという見通しを持ってるんだろうか。
圧力を継続することも一種の時間稼ぎだったりしないだろうか。