「最終的かつ不可逆的な解決」という言葉

慰安婦問題について、9日(火)韓国政府が、新方針を表明した。2015年の日韓合意では、この問題を解決できないとして、日本政府が拠出した10億円の代わりに韓国政府の予算を充て、日本に対し自発的で心のこもった謝罪を期待するという。すでに日本が拠出した10億円の扱いについては今後協議することとしてるけど、報道によれば、日本に返還する方向に進んでるらしい。
日韓合意で問題は解決されないとしながらも、国と国との合意であることは認め日本に再交渉は求めないという。
国内の支持者と、今特に関係悪化を避けたい日本と、両方に気を使いつつの新方針だということは、素人国民にもよくわかる。

2015年の日韓合意は、最終的かつ不可逆的な解決であり、菅官房長官は「1ミリも動かさない」と言ってる。
昨年末韓国外務省は、合意過程を検証し「元慰安婦の意見が十分集約されず、秘密交渉で行われた」と発表。文大統領は、「この合意では慰安婦問題は解決されない」と表明していた、という。
韓国の前政権がどんな思惑で日本との合意に達したのかわからないけど、頭に銃を突きつけられて無理やり合意させられたというわけでもあるまいし、国と国とが交渉の末にたどり着いた合意をこんなに簡単にひっくり返してしまっていいんだろうか。
国内の支持者のために対外的な約束を破るってのは、トランプ大統領と同じパターンのような気がする。個人的にはまるで違うタイプの人たちに見えるけど。


今回の一連の報道の中で、2015年の日韓合意の「最終的かつ不可逆的な解決」という文言が、繰り返し言及されていた。
「最終的かつ不可逆的な解決」という言葉を何回も目にするうちに、自分が何か根本的に間違った受け止め方をしていた事に気づいた。2国間の合意は合意だけど、それがあったからといって、従軍慰安婦問題が歴史の中から消えてしまったわけではない。そんなのは当たり前の事なんだけど、心のどこかで、「最終的かつ不可逆的な解決」によって慰安婦問題そのものが消えてしまったような感じ方をしていたような気がする。