金正恩朝鮮労働党委員長の新年の辞の報道を読んで

報道によると、北朝鮮金正恩委員長は「新年の辞」で、「米本土全域が核攻撃の射程圏内にあり核のボタンが事務室の机の上に常にある」ととする一方で、韓国に対しては平昌オリンピックの成功を願うとし、北朝鮮の代表団派遣の用意があると表明、そのための協議として南北当局の早期の会合の可能性についても呼びかけたという。
北朝鮮が韓国に対し態度を一変させた背景には、もともと北朝鮮との直接対話を通じて核問題を解決したいという考えを持つ韓国の文大統領とトランプ大統領との間にくさびを打ちこみ、経済制裁や米韓合同軍事演習について自国に有利な方向へ持って行こうとする意図があるという解説がされてる。国際的な経済制裁が、かなり効いてきたという証でもあるみたいだ。
文大統領は北朝鮮の五輪参加や、直接対話再開の実現に向け関係部署に指示、韓国の統一相も9日に南北軍事境界線にある板門店で南北高官会談開催を北朝鮮に提案したという。
韓国の新聞各紙は、対話には肯定的な論調らしい。ただ五輪参加は北朝鮮核武装に時間的猶予を与えるだけだし、米韓同盟の溝が深まるといういう懸念の声も強いみたいだ。

アメリカは、米韓合同軍事演習(例年2、3月に実施するらしい)については、平昌オリンピックに重ならないように調整する可能性については示唆してるものの中止はしないし、最大限の圧力方針は維持(韓国にもそれを求める)するみたいだ。

2日火曜日朝には、トランプ大統領は韓国と北朝鮮の対話の可能性について、アメリカと国際社会の制裁の結果だとし、良いニュースか悪いニュースか見てみようと言っていたけど、そのあとその日のうちにツイッターで、自分の方がもっと大きくて強力な核爆弾のボタンを持ってると反撃(というんだろうか?アメリカにとってどんな見返りが期待できるつぶやきなんだろう)したという。本当にこの人が核のボタンを握っているんだろうか。


アメリカが、日本や韓国の頭越しに電撃的に北朝鮮と取引(米本土にさえ核ミサイルが到達しなければいい)してしまうのは日本にとって悪夢だという。アメリカが北朝鮮の核を黙認すれば、東アジアで核開発競争が始まり、それは中国にとって悪夢だという。
米朝間で戦争になるのが一番の悪夢だと思うんだけど、政権を担う人たちにとっては、そうではないんだろうか。


北朝鮮の態度の変化は、核ミサイル開発完成のための時間稼ぎだという懸念は当たってるように思うけど、何度も裏切られてきた韓国政府がそれでもここで、それに応じようという姿勢を見せるのは、何としてもアメリカによる軍事行動を避けたいという必死さの表れのような気がする。
結果的に、トランプ大統領と文大統領で良い警官と悪い警官を演じ分けることになってるという見方もあるみたいだけど、なんでもいいから戦争だけはやめてほしい。