忖度したもん勝ちは良くないと思う

野党は国会で森友学園加計学園問題を追求したけど、メディアの興味の中心は日馬富士の暴行問題みたいだ。森友学園への土地売却で値引きの根拠が不十分と指摘した会計検査院の報告はあったし、世論調査では政府の説明に納得してないのが多数だけど、なんとなくもう終わった問題に近い扱いのような感じがする。

「契約は適切」と主張してきた安倍首相に、野党が発言の撤回や謝罪などを求めても、「私が調べて適切と申し上げたことはない」という答えだ。部下がやったことを国会で述べただけだから自分には責任がない、と言いたいんだろうか。そんなことを言い出したら、トップが責任を取らなければならない事などほとんどないんじゃないかと思う。


検査院は、文書が残されてないから検証が十分行えないとまで指摘してる。
文書が保存さていないことに対してもそうだけど、前の国会で財務省の佐川前理財局長の答弁は、開き直ったかのような対応だった印象がある。


検証に必要な文書が残されていない事に、誰も責任を取っていない。文書管理の法改正も必要だと思うけど、森友学園問題で検査院が指摘した文書の不備について、責任が誰にあるかを明確にしてペナルティを課さなければ、基本的には変わらないんじゃないかと思う。

森友、加計問題の報道を通して、怖いなあと思うのは、忖度したもん勝ちがこのまま通ってしまったら、それが他の組織にも広がってしまうかもしれないということだ。
なんだかよくわからないまま共謀罪も通ってしまったし。