相撲が人気なのはわかったから、もういい加減せめて分量を減らしてくれないかなあ

テレビの情報系番組は、連日日馬富士の暴行問題1色に染まってる。当初は単に同席していた目撃証人だと思ってた白鵬の役どころもここにきてちょっと、色合いが変わってきたようだ。白鵬貴乃花親方という報じられ方もある。


横綱審議委員会だの評議員会だの、なんだかあちこちから声が聞こえてくるから余計ややこしくなってるような気がする。とにかく早く結論を出さなければガバナンスが問われるらしい。よくわからないけど。


貴乃花親方が、警察の捜査が終わるまでは公に口を開かないという方針を貫いているせいもあるのかもしれないけど、相撲協会側が出した中間報告は、当事者二人以外の同席していた目撃証人から聞き取りをしたという割に、かなり日馬富士側に寄ってる内容だなあ、という印象だ。
被害者の聞き取りをした後に、最終報告が出るそうだけど、ビンタの後に謝っとけばこんなことにはならなかっただの、ビンタされて謝りもせず睨みつけただの、結構主観的なことを中間で出してるけど、被害者の聞き取りで変えるべき部分があれば変えるんだろうか。


事を大きくしたのは貴乃花親方、という報じられ方のように感じるけど、テレビを見てるぶんには報道が先か事件が先かって感じだ。
ちゃんと見てなかったから、何の番組で誰が言ったのか覚えてないけど、一人のコメンテーターが、貴ノ岩が「彼女からのメールです」と答えたことがビンタにつながったという説明に対して、今どきの若い子は、メールよりラインのはず、ちゃんと聞き取りをしたのか疑問というような指摘をしていたのが、今日一番印象的なコメントだった。


それにしても、他に話題もあるはずなのに。