衆院予算委員会の質疑を見て

昨日の予算委員会で、立憲民主の長妻さんが、与野党の質問時間の配分の問題で、与党の質問時間が倍近くなったことについて、総理が直接萩生田幹事長代行に指示したと聞いたがその狙いはどこにあるのかと質問した。安倍首相はそれに対し、自分はそんな指示をしていないと答えた。萩生田幹事長代行本人も、NHKの番組で誤報だと言ってる、という。萩生田代行が説明したことに、首相が一定の理解を示した、というのが「ファクト」だという。

日経新聞のサイトに「与党の質疑時間、首相が拡大指示 萩生田氏に」という見出しで、【安倍晋三首相(自民党総裁)は27日、首相官邸萩生田光一幹事長代行と会い、国会での野党の質疑時間を与党よりも大幅に多くする慣例について、見直すよう指示した。衆院選での自民党圧勝を踏まえ「我々の発言内容にも国民が注目している。そういう機会はきちんと確保していく努力を党にやってほしい」と語った。萩生田氏が明らかにした。】(10月27日付)という記事が11月29日の段階で普通に掲載されてるけど、これも誤報なんだろう。
長妻さんも驚いていたけど、日本の大新聞が軒並み誤報したということらしい。

安倍首相は、昭恵夫人加計学園理事長などの証人喚問や参考人招致について、国会の決めることだと繰り返し述べている。与野党の質問時間の配分見直しについても、国会のことは国会で、という答えだ。


日経の見出しには「首相が拡大指示」とあるから、首相が指示したということが記事の重要部分なんだろう。
この記事を書いた人が萩生田氏の発言を直接聞いたのかどうかもわからないし、萩生田氏の発言が逐語的に引用されてるわけじゃないから、萩生田氏の話をどう誤解して「首相の指示」という表現になったのかわからない。萩生田氏の発言自体が曖昧なものだったのかもしれない。
それにしても、日本の大新聞(長妻さんは読売新聞もと言ってた)の記者が揃いも揃って曲解だか誤解だかするものなんだろうか。
首相は、第3者などいない2人だけの場での会話であり、その一方が指示してないといい、もう一方は後日テレビで自分から説明したと言ってるんだからそれが「ファクト」だというけど。