これも印象操作なのかなと思いつつ、、日馬富士と貴ノ岩の報道を見て

ここんとこテレビをつけると、横綱日馬富士の暴力事件に関連する”ニュース”をかなり目にする。スポーツ紙や週刊誌もその報道で持ちきりみたいだ。

ビール瓶と高級焼酎の瓶とカラオケのリモコンに、武器としての軽重があるのか知らないけど、事件の細かい小道具情報はいろんな形で出てくるけれど、どれが真実かはわからないまま、貴乃花親方が報道機関に無言を貫いているせいもあるのか、最近では、最初に報道された時とはかなりトーンが異なる感じだ。
聞こえてくる”ニュース”は、ワンサイドリークによるものがほとんどを占めてるような気がする。

そこからは、横綱への礼を欠いた生意気な若者という被害者の姿と、大事な大看板である横綱(の評判?)を傷つけた上に、自らの目的のために大相撲界を騒がせる悪者としての貴乃花親方の姿が印象づけられる。肝心の暴力については、確かに暴力は悪いんだけど、という前フリ程度の扱いのような気さえしてくる。

報道されてるように貴乃花親方が協会の現執行部に対する不信感を抱いているなら、今は司法に全てを委ね、他では余計なことを言わないという態度を貫くことがそれほど異様なこととも思えないんだけど。むしろ、その結果が出る前にとにかく急いで横綱の処分を決めようとしてるらしい協会の対応の方に違和感を覚える。


協会による貴ノ岩関への事情聴取の要請を、貴乃花親方は拒絶したというけど、その理由は貴乃花親方の口からも、協会からも語られてないみたいだ。
貴乃花親方が、協会の調べや報道機関に無言を貫くのには、何か理由があるのだろうけど。その理由だけははっきりさせれば、あとは司法の判断待ちということじゃダメなのかなあ。