イヴァンカさんの報道を見て

報道によると、トランプ大統領のアジア訪問を前に、北朝鮮朝鮮中央通信が4日、「核戦力完成の終着点に達した我々が強盗まがいの要求に応じるという妄想は捨てるべきで、非核化交渉を夢見てはならない」とアメリカを非難する論評を配信したという。
非核化の交渉が夢なら、長距離弾道ミサイルの交渉は夢ではないんだろうか。


韓国人が一番恐れていることは、トランプ大統領が何か軍事オプションのような挑発的なことを訪問中に発信するのではないか、ということだと書いてある記事も読んだけど。
北朝鮮に対して強硬な態度で完全に一致してるように見える日米の指導者は、揃ってどんな会見をするんだろう。


トランプ大統領の日本訪問に先駆けて来日したイヴァンカ・トランプ米大統領補佐官。テレビの報道ぶりがお祭り騒ぎみたいな感じで、なんとなく違和感を覚えるけど、大統領本人がやってきたら、さらにお祭り報道になるんだろうか。イヴァンカさんは、補佐官であるだけではなくトランプ大統領の娘でもあるから、すべてに特別扱いではあるんだろうけど。

もうどれくらい前になるか覚えてないけど結構昔に、朝まで生テレビの中で、岡崎久彦さんが、日本はアメリカについていればいいんです、それで間違いない、日英同盟を結んだ時からアングロ・サクソンについていればそれで日本はうまくいくんです、というようなことを言ってたのをふいに思い出してしまった。