NARUTOーナルトー   外伝ラスト、香燐の「分かってねーな」の一言(3)

カリンはサスケに殺されかけた。
兄イタチのための復讐として、里の影の実力者ダンゾウとの戦う中で、サスケは、ダンゾウに人質に取られたカリンごとダンゾウを刺し貫いた。

真のターゲット以外は、極力人の命を奪わないやり方を、ぬるい(こんな表現はしなかったけど)木ノ葉出身だと水月に揶揄されながらも、五影会談を襲撃するまでのサスケはむやみに人を切ることはなかったと思う。

そんなサスケが、一瞬のためらいもなくカリンを刺した。

サスケとダンゾウが戦っている間、カリンはカリンなりにサスケのために必死だった。呪印で身動きができないサスケのために、敵うわけもないのを承知でダンゾウに向かっていったり、危険を避けずにダンゾウを観察しきって術の分析をしたり。

(サスケ、、アンタにとって、、)「ウチは、、」
刺された時、カリンはサスケにとっての自分という存在がどれほどのものだったのかを悟ったんだろうか。