ハイキュー!! 第275話 継続と蓄積 感想

稲荷崎はやっぱりどこか不安定さがあるチームのようだ。主力の2年の未熟なメンタルは、点差が開いた時に勝ち急ぐタイプ(WS銀島)と緩んでサボるタイプ(角名)にわかれるらしい。北さんの重要な役割は、それを両方しめること。ついでに、侑の負けず嫌いも上手にコントロールしている。
生活態度も成績も北さんには付け入る隙がないみたいだ。

去年6点差からひっくり返された試合では、北さんの投入がなかったのかな。どことやった試合なんだろう。


第2セットを決めた稲荷崎の25点目は、強烈なサーブで崩して速攻で決めた。烏養さんが言っていた、2番目に理想的な攻撃パターン。烏野だと、影山くんと旭さんのサーブの時に狙えるパターンになるのかな。
1対1だとスパイカー有利だと思うんだけど、速い攻撃にも月島はコミットでなくついていってるみたいだし、毎回同じように抜かれっぱなしのままでいるとも思えないんだけど。影山くんは弾いたけど、音駒ならこういうの拾うのかな。
うまいブロッカーほど操られるというなら、やっぱり意外性の日向に期待するしかないのかなぁ。


「たぶんこのセットは落とす 問題はどう落とすか」
烏野サイドに立っている外野はみんな同じことを思ってるんだろう。第3セットに嫌な影を引きずらないように、綺麗にセットを落とすこと。
ここで、コートの中の選手がどう思ってるかは、描写がないからわからない。
でも、まだ落としてない。日向は多分変わらずにそう思ってるはず。口尖らせて何を考えているのか全くわからないけど、中学の試合でそういう日向にぞくっとした影山くんも多分日向とそう変わらないと思う。
他の選手たちも、多分外野で心配するほど、稲荷崎の空気になってるとも、為す術無しだとも思ってないような気がする。このセット、点差は結構開いたまんま取られてしまったんだけど。


とりあえず今回は描写がなかったけど、第3セットまでの貴重なセット間の時間、烏合のおしゃべりだけで終わってしまうとも思えないから、角名対策に限らずとも第3セットに向けての確認や指示が出されているんだろう。
角名について高さはそれほどでもないけど身体能力の高さを警戒するようなコメントを烏養さんが出してたような覚えがある。彼の速攻に対策は立ててあるんだろうか。

 

自分のことなら言える、っていう励まし方には、旭さんの誠実さがあらわれてる気がする。結構マイペースな人でもあるなあと思う。でもその旭さんのかっこいいセリフを一瞬で台無しにする影山くんのマイペースぶりは(空気を読まないというのかもしれないけど)それはそれで頼もしいかも。
とにかく高くくださいというのは、前の試合でも言ってたと思うけど、第3セットは西谷さんが侑のサーブを高く上げたところから、烏野の反撃が始まるかな。