2017衆院選の開票速報を見て

事前に自公の与党で大勝の勢いと散々報道されていたから、開票特番も平静に見ることができると思っていたんだけど、いざ自民単独過半数などというテロップを見ると、ついつい罵りの言葉を吐いてしまい、見るなら静かに、と子供に怒られてしまった。


池上さんの選挙特番で、安倍首相の最終日の秋葉原での街頭演説の映像を見た。ネットのニュースで、集まった人たちの振る日の丸の多さに、長年の政治記者も驚いたというようなことが書いてあった通り、日の丸が目立っていた。安倍政権に対する反対意見や抗議の声を書いたプラカードを掲げる人もいたけれど、日の丸で隠せという声とともに日の丸でピタッと隠される様子が映されていた。支持者と政権に抗議の声をあげる人の間での小競り合いもあったみたいだ。大勢の支持者たちの間で、政権不支持の人がもみくちゃにされてる様子は、暴力行為というわけではないけれど、見た途端に突然恐怖を感じてしまった。


池上さんの自民党本部の安倍首相へのインタビューは、自民党本部でアナウンスされる選挙区ごとの当選確実の声が大きくて、安倍首相の発言が聞きづらかった上に、最後の質問の途中で映像が切られてしまった。どうやら時間切れということみたいだ。首相の開口一番の台風の話がなければ、時間内に収まったかもしれない。


公示前、民進党は泥舟と言われていたけど、安倍政権の国会への向き合い方と、なんで今選挙?という素朴な疑問を押し通して、しのごの言わずに共産党と可能な限り選挙協力して、野党対自民の1対1の構図にしていたらどうだったろう。真っ当にやって欲しかった気もする。