Jアラートでびっくりして、恐怖に囚われてはいけない、と反省しました、、

朝の支度をしていたら、突然聞いたことのない妙なアラーム音が鳴り響いた。ちょうど6時頃だったから、子供がセットしたスマホのアラーム音だと勘違いし、また妙なアラーム音をセットしたなあ、と最初は思ったんだけど。
テレビを見たら、黒と赤が目立つ背景の文字画面になっていて動かないし、ミサイルがどうのと言ってる。
何回か文面を読み直して(最初は訓練だと思った)ようやくアラームではなくアラートなんだと気が付いた。(多分わかった時には、ミサイルはもう通過していたと思う)

頑丈な建物、地下に避難してください(全文は覚えてないけど)、とか言われても、ミサイルが到達するまで30分でもあればそれもできるかもしれないけど、せいぜい数分の猶予しかないなら、どうにもしようがない。家に地下シェルターでも備えてあれば、どうにかなるのかもしれないけど。
とりあえず今日から学校だから、子供を起こしに行った。

北海道から東北、北関東、新潟長野が対象地域に入っていたけど、東日本のほとんどだ。
たった1発のミサイルで、こんな広い範囲がJアラートの対象地域に入るってのは、ちょっと意外だった。

首相の発言によると、発射直後から完全に把握していた、という。完全に把握ということは、ミサイルの軌道も、落下地点も把握できていたということなんだろうか。
ミサイルにトラブルが生じて、日本の国土に落下するという可能性はどれほどあるんだろう。そのような場合、日本のミサイル防衛はどれほど機能するんだろう。
導入を決めたという地上配備の「SM3」(イージス・アショアというらしい)があれば、安心できるんだろうか。

北朝鮮が故意に日本を狙ってミサイルを発射する時はもう戦争状態になってるんだろう。けど、ミサイルのトラブルなどで、北朝鮮の意図に反して日本に落下するようなことがあった場合で日本国民には直接の被害はないと予想される場合はどうするんだろう。そういう場合も即迎撃、ということになるんだろうか。
わからないことがありすぎて、どう考えればいいのかもよくわからない。
そもそも、弾頭にも着弾地点にもよるんだろうけど、ミサイルが落ちてきたら、1発でどれくらいの被害が出ると予想されてるんだろう。

きょうはテレビでいろんな専門家がいろんなことを言っていたけど、一致してるのは、金正恩が核を諦めることはない、ということみたいだ。
以前は、アメリカはアメリカ本土に届く核搭載のミサイルを北朝鮮が持つことは絶対に認められないのだと思っていた。(自分でそう判断できるわけもなく、新聞記事などからそういうものなんだと思っていた、といったほうが正確なんだけど)
でも、先日読んだ記事によると、冷戦時代にソ連を封じ込めたように、核を保有する北朝鮮を抑止しながら共存していくしかないという見方もアメリカ国内にはあるという。


トランプ大統領と電話会談をした安倍首相は、圧力を強めていくことで日米は完全に一致した、アメリカは100%日本と共にあるという言葉を得た、と言う。
ものすごく素朴な疑問なんだけど、アメリカが日本と共になくても、北朝鮮はミサイルを日本に向けて撃つんだろうか。
日本、アメリカ、韓国の間にくさびが打ち込まれるようなことがあれば北朝鮮にとっては、願ったり叶ったりなんだろうとは思うけど。Jアラートで、今日は本当に一瞬怖い思いをした一国民としては、トランプ大統領にそう言われてもなあ、とちょっと複雑な気持ちになる。