バノン氏の発言を見て

北朝鮮金正恩氏が、アメリカの行動をもう少し見守ると発言したことを受けて、16日(水)トランプ大統領は「金正恩委員長はとても賢い決断をした」とツイッターに投稿したという。
ここのところの報道を見てると、なんとなくミサイル発射はなさそうな印象を受けるけど、北朝鮮が核を諦めない限り危機は続くんだろう。

とりあえず21日からの米韓軍事演習で、北朝鮮がどう出るかが当面の焦点らしい。報道によると、演習中止と引き換えに核・ミサイル実験の中止を北朝鮮に求める案を示してる中国の演習中止の求めを、アメリカは即座に拒否したという。
演習に関しては、17日、ダンフォード統合参謀本部議長が、北朝鮮が非核化と弾道ミサイル試射中止に踏み切るなら、演習の規模を縮小し得ると述べたという。

今日は、中国・四国地方の202の市町村などで、Jアラートの送受信訓練も行われたという。

米朝間の緊張の高まりの中で、韓国の大統領は、「戦争が起こるのを防ぐためにできることは何でもする」とも述べたというけど、日本の首相はどうなんだろう。


12日午前「国民の生命と財産を守るために最善を尽くす」
14日午後 4県知事と会談 「県名を挙げ、弾道ミサイルを通過させると発表したことは言語道断だ」「まずは、北朝鮮に許し難い挑発行為を実行させないことが重要だ」「高度な警戒態勢の下、ミサイル防衛体制をとっている。国民に被害が出ないよう最善を尽くす」
15日午前 トランプ大統領との電話会談(約三十分)後、「グアムへのミサイル発射予告は地域の緊張状態をかつてなく高めている」「トランプ大統領の同盟国の安全に対する関与を高く評価している」
ネットでは、安倍須の発言はこれくらいしか拾えなかった。


15日の安倍首相とトランプ大統領との電話会談でも、日米、日米韓で緊密に連携を取りながら、中国、ロシアをはじめ、国際社会と協力してミサイル発射を強行させないことが最も重要との認識で一致、安保理の制裁決議の厳格な履行を各国に働きかける方針を確認したという。


17日(木)に行われた日米の2プラス2では、日米同盟の強化で一致、アメリカは核兵器を含めたあらゆる戦力で日本の防衛に関与することを確認、日本は自衛隊の役割を拡大していくことで合意、したという。北朝鮮のミサイル問題については、北朝鮮に最大限の圧力をかけ続けることで一致したという。
2プラス2後の記者会見で 、マティス国防長官は、日米や韓国の領域にミサイルが発射されれば「撃ち落とす為の具体的行動を直ちにとる」と語ったという。
以前の発言では、グアム周辺の海上に落ちた場合については明言を避けてたみたいだけど、結局は撃ち落とすということなのかな。


10日の会見で菅官房長官は、日米同盟の抑止力、対処力の一層の強化という言葉を述べた。トランプ大統領のツイッターでの「炎と怒り」発言については、地域の安全保障環境の厳しさの中、米国の抑止力確保の重要性を強調し、トランプ大統領の、すべての選択肢はテーブルにあるという姿勢は歓迎してる、という反応で、この発言に対する直接的な言葉はなかったみたいだ。

15日の会見で菅長官は、ティラーソン、マティスは対話に応じる用意があると言ってるけど、日本政府が対話に応じる最低条件は、という質問に、日米は常に連携してると答えた。
アメリカが北朝鮮と戦争すると決めたら、とんでもない被害を受けるのは韓国と日本なんだと思うけど、その決断にどれほど関与できるんだろう。
「国民の生命と財産を守るために最善を尽くす」と首相は言ってるのだから、戦争を回避するために最大限のことをするんだろうけど、日米同盟の強化一辺倒に思えるような言葉を見てると、結構不安になってしまう。


ここのところ政権内で立場が危ないと言われてるらしいステファン・K・バノン主席戦略官は、16日掲載のニュースサイトのインタビューで、北朝鮮問題について[「軍事的な解決はない。忘れるべきだ」と強調。「(軍事作戦開始後)最初の30分間で1000万人のソウル市民が通常兵器による攻撃で犠牲にならない」 と証明されない限り、軍事的手段は排除すべきとの考えを示した。](ロイター)という。
バノン氏の政治信条がどうであれ、ここのところの北朝鮮問題で報道されてきた、いろいろな人たちのいろんな発言の中で、この言葉が一番納得できた。