ハイキュー!! 第263話 パイセンの意地 感想

セットポイントがかかるラストボール、影山くんは誰に託すんだろう。

宮兄弟ファンらしい彼女も、田中さんを坊主頭と呼んでいた他校の選手二人も大将さんも、田中さんに感情が入っていつの間にか応援してる。田中さんが負のスパイラルに入ってるのがきっとコートの外からもわかるんだろうけど、田中さんがそれでも、空元気だとしても頑張ってるから、応援してしまうんだろうなあ。
控え組の2年生も、田中さんの苦しさが分かるみたいだ。でも気づいてるなら、大丈夫だと言う間に応援の声かけでもしてあげてほしいなあ、と思う。

月島が旭さんを選択したのは、冷静ないい判断だったんだろうけど、田中さんに追い打ちをかけたようなプレイだ。コートの外のギャラリーもコーチ陣も、叶歌ちゃんたちも、月島の選択はいい判断だとしても、田中さんへのきつい一発だと感じたみたいだ。

コートの中の他のメンバーはどうなんだろう。田中さんが悪いリズムに捕まってると月島が判断するくらいだから、長く一緒にプレイしてる3年生も西谷さんも気づいてるんだろうと思うんだけど。
コートの外の描写は細かいけれど、コートの中の描写が一切と言っていいほどないのは(田中さん自身は声出ししてるし声かけしてるけど)、何か意味があるんだろうか。
日向の無邪気な感想は、白鳥沢の五色くんを立ち直らせたウシワカの一言のような効果が若干あったみたいで、烏養さんもホッとした表情をしてた。

半年に一回のマイナスメンタルに陥ってるらしい田中さん。そんな時には自分の平凡さに突き当たって、壁の前で立ち止まってしまいそいうになるみたいだ。確かに、オレって天才?と思いながらプレイするのと、オレはなんてつまらないやつなんだ、と思いながらプレイするのでは、体のキレが違うような気はする。
でも、田中さんは結局止まらない。壁を越えるには、とにかく上を向いて跳ぶしかないとわかってるみたいだ。叶歌ちゃんが見つめてるのは田中さんだけど、潔子さんもきっと田中さんを見てるんだと思う。二人の視線を受ける田中さんの背中がかっこいい。やっぱ男は背中で語らないといけないのかなあ。
自力で立ち上がる田中さんは、平凡とか普通とか天才とかチーム一の能力とか関係なく、このチームを上げ調子にするのに必要な「やっぱこの人」なんだと思う。


影山くん、田中さんにボールをあげてほしいなあ。