ハイキュー!! 第259話 押せ押せドンドン 感想

影山サーブからまぎれるシンクロで烏野が1点追加、20・20で稲荷崎が2回めのタイムアウト

稲荷崎の監督は黒須さん41歳。「家族で一番自分に懐いているのは多分犬」。娘に洗濯物を別にされてショックを受けたらしい伊達工の監督(確か単行本のどこかにそんなことが描かれてた記憶があるんだけど)と家庭内のポジションが同じなのかもしれない。バレーバレーでやってきて、家族は二の次。そんなパパに愛想尽かして、、、そんな家庭を想像させる。
「犬もせやろ?無視が一番応えんねん」(案外自分のことなのかも)
多分それは日向の事だ。

臨機応変とブラさずいくトコ。区別しろと言われて早速、低いとはいえ3枚ブロックの上からスパイクを決めるトコは、さすがですね。
全国クラスの相手エースが3枚ブロックの上からブチ込んできたのに対して、旭さんは練習してきたタイミングをずらすスパイク(ってよくわからないけど、絵で見ると一瞬時間を止めるようなタメを作ってる感じがする)で勝負にきたみたいだ。全国クラスのエース相手にも臆せず、淡々と自分がみがいてきた武器で勝負する旭さんは、やっぱり烏野のエースなんだと再認識する。結果的にフェイントになっちゃったのはご愛嬌だけど、まあ点取れたし。旭さんもメンタルが強くなったんだなあとしみじみ。

「、、、ここに来てまだ新しい事試すのか カラスめ!!」スパイカーのことはスパイカーに聞け、って感じですかね、木兎さん。

白鳥沢戦を観戦していた及川さんも言っていたけど、烏野には守るべきスタイルがないから、「新しい事に手を伸ばす事に躊躇が無い」
全日本の監督も烏野は「次から次へと新しい事をやってくる」という。4月に入ってきた1年生が主力のチームだから、チームのスタイルが作られるとしてもまだまだその途上にあるんだろうし。何でもかんでも試してみる雑食の若いチームは、それが長所であることは確かなんだろうけど。
でも、「立ち止まったらたちまち押し切られる」ギリギリのところで戦ってる状態でもあるように思う。「飛び道具が出尽くしたところからが本当の勝負」って、怖いなあ。
格下の相手にひらかない点差でも、黒須監督も、選手たちも全然焦ってる感じがないし、どのあたりから本当の勝負になっていくんだろう。

 

影山くんはタイムアウトを挟んでもサーブの集中をきっちり保ってる。もう少し伊達工との練習試合みたいな感情の起伏も見たいけど、とりあえず他人に指摘するとこを自分ではきっちり抑えてるのはさすがですね。


この試合の雰囲気がとても軽く感じるのは、双子のキャラクターに引きずられてるのかなと思ってたんだけど、なんだか日向も軽いなあ。
「最早俺は攻撃だけの男では無」「良さげ、、、!我ながら良さげな2段トス。。。!」「貴重な後衛のターンッ」
なんだか練習試合くらいのノリみたいに感じる。格上相手にまったく気後れしてないのは頼もしいと言えば頼もしいんだけど、、、。相手は優勝候補の一角なんだけどなあ。