現職のときなぜ言わなかった?前長官も前次官も同じように責められる、、

文科省が、「総理のご意向」文書の再調査をすると方針転換した。安倍政権の内情に通じてるらしいジャーナリストの田崎史郎さんによると、文書は来週中には出してくるそうだけど、今日のニュースでは、調査結果の公表には時間がかかりそうだという。

再調査が発表されてから、田崎史郎さんがフジテレビのワイドショーで解説をしていた。

松野文科相は、再調査することを決め安倍総理に報告、総理からは徹底した調査を速やかにするよう指示があった、というけど、田崎さんは、安倍総理が内内に再調査をしろと言ったという。
そう言いながら、菅官房長官が梯子を外されたとも言った。文科省が調査しても文書はなかったと報告したから、菅官房長官はそれを受けて再調査はしないと突っぱねてきたのに、ここにきて再調査をするというなんて、梯子を外されたようなもの、ということらしい。
再調査の決定をリードしたのが官邸なんだか文科相なんだかわからないけど、菅官房長が梯子を外された、というのは笑えた。
結局、田崎さんは、文科省が悪い、と言いたいみたいだった。
普通の役所なら最初は反対しても、最終的には官邸が決めたことには従うのに、文科省は違う。普通じゃない、文科省を普通の役所だと思ったのが間違いだったと田崎さんは言った。誰にとって、何が間違いだったとかはよくわからなかったけど。
前川さんは、1月に天下り問題で辞めた時、万死に値すると言ったのに、死んでなかったとも言ってた。
大体、職員の告発なんて、告発と言えば聞こえはいいけど、組織自体が文科省はもう体をなしてないとも言った。文部科学省に対して相当憤懣やるかたない、って感じなのかな。
田崎さんによれば、この問題には違法性はないし、新設決定のプロセスにも問題はない。総理の意向とは、国家戦略特区で決まったことを早くやれと言ってるだけのことだし、総理にとっては文書が出ても痛くもかゆくもない、と言う。ならなんでここまで引っ張ったんだろう。田崎さんが何かいうたびに、番組の他の出演者からツッコミが入りまくりだった。


加計学園問題は、ここにきて、なんだか文書の行方だけにスポットライトが当たってるみたいだけど、獣医学部の新設の決定が、ルールに則ってされたのかどうかに疑問を投げかけたのが、そもそもだったんだと思う。
新設するには、閣議決定された4条件をクリアする、というのがルールで、それが守られたのか?ってことなんだと思うんだけど、文書の存否に焦点を当て過ぎると、結局なんだかよくわからないまま問題自体がフェードアウトしてしまうってことはないかな。