読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハイキュー!! 第251話 リズム 感想

影山・日向の高速ブロードを生で見て、「かっこええなあ」っていう宮侑の可愛こと。宮侑は、子供だったのかあ。治は冷静。時折見せる残酷そうな顔はなんなんだろう。あれも残酷な子どもの顔なのかなあ。

宮侑は影山コンプレックスを取り除いた及川さんみたいだと思ったんだけど、やっぱりちょっと違うみたいだ。

影山くんにブーイングは通じないとは思ってたけど、どうやら気づいてすらなかったらしい。ボケだけじゃなくブーイングも殺しちゃうのか、影山くんは。
月島も安定してて笑ってしまう。影山くんとは違う意味で、この子もいいメンタルしてるなあ。ほんと、煽りがいのないこと。でも、どうせなら牽制のしがいのあるサーブ打てるようにならないとね、MBだとしても。
ブーイングには気づかない影山くんも、無意識で感じる変なリズムには、感覚が乱されてしまったみたいだ。影山くんは試合中はきっと五感が研ぎ澄まされた状態なんだろうなあ。指先の感覚は別物としても、お腹の消化具合までバロメーターになるみたいだし、自分の中のリズムが無意識に乱される感じなのかな。
意識してないとこで乱されるってのは、立て直すの難しそうだけど、原因を把握できれば短時間で対処できるものなのかな。どうなんだろう。
何れにしても、完璧な場所、完璧な環境でプレイ出来ることなんて、この先の長いバレー人生の中でもそうはないことだろうから、これくらいのことには慣れていかなきゃいけないんだろう。


大将さんが、容赦ないと言うのは、ちょっと素直には聞けないとこもあるけど、戸美の戦い方は嫌じゃなかった。勝つためにあらゆる手を尽くす、という点では戸美も稲荷崎も同じだけど、審判の印象を利用しようとしたり、相手に嫌な圧力をかけたりしたのは、コートの中で戦う戸美の選手たち自身だったからなあ。選手自身がコートの中でやるのと応援団が外から相手を妨害するのとでは性格が違うような気がする。
まあ、応援団としては選手と一緒になって戦ってるんだ、ってことなんだろうけど。コートの外だからルール違反ではないし、観客のおばさんが「品がない」と言った他は、ブーイングもリズム崩しも特に否定的な評価をされてないから、実際の春高は知らないけど、ハイキュー!!春高では許容されてる応援なんだろう。このくらいのことで烏野がベストの力を出せませんでした、なんて言い訳にもならないとは思うし、相手にベストンパフォーマンスをさせないのは当然のことというのはわかるけど。でも、やっぱり好きか嫌いかで言えば嫌だな。おまけにあっかるくやってるとこがなあ、なんか余計に、なんだろう、、、うざい。ああ、そうだ、姑息な感じがするから嫌なんだ。


乱れたレシーブの落下点への宮侑の1歩目を、影山くんは「完璧な”一歩目”」、赤葦さんは「洗練された一歩目」と評した。
宮侑のプレイを見てると、影山くんと重なる。
町内会との初めての練習試合で乱れたレシーブのカバーに入る影山に対して、”迷いのない1歩目”と評価したのは、烏養さんだったと思う。伊達工の監督も、ボールの落下点の見極めが早いという評価をまずしてた。ボールがどこに落ちるかを判断するのなんて誰だってできそうだけどなあ、と素人は軽く考えてたけど、こんな風に評価されるってことは、なかなかできることではないんですね。一瞬で見極める、ってのができないのかなあ。見極める、って表現だけど、意識するより前に、頭の中の座標軸にボールの軌道が一瞬で映るのかも。もしそんなだったら想像するとかっこいい、、。


アランのサービスエースで第1セット7・4の3点差。
ブーイングで1点、リズム崩しで1点。烏野は都合2点献上してる(妨害がなくてもミスったかもしれないけど)。
この段階の点差で見ると、結構2点は大きいなあ。今のとこ、稲荷崎の方は自分たちのペースで通常運転、烏野は、影山・日向は通常モードで高速プレイやってるし、白鳥沢戦のように呑まれちゃってる感も、ウシワカのようなまるで歯が立たない感もない。けど、なんだか上手くリズムに乗り切れないなあ、って感じがする。いい感じの時に膝カックンやられる感じ?
やっぱここは久々登場の冴子姐さんに喝入れてもらう必要がありそう、かなあ。