読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テロ関連

今日の朝刊に、ウォールストリート・ジャーナル紙電子版が4日、『トランプ政権が米国への入国審査の際、携帯電話の番号のほか、ツイッターフェイスブックといったソーシャルメディアのパスワード提出の義務化を検討している』と報じたという記事が載っていた。
『トランプ政権は査証(ビザ)の審査で、携帯電話の通話利益やソーシャルメディアの内容、思想の調査などの実施を検討。日本や英国など、短期の観光・商用の旅行でのビザ免除プログラムに参加する38カ国・地域に適用することもあり得るという。』
一体どんな事を調査するんだろう。特定の単語の登場回数とかでチェックしたりするんだろうか。ローンウルフと呼ばれる自爆テロ犯たちが残したSNSなどの記録の捜査から、共通する特徴みたいなものが分析できたんだろうか。そもそもこんなの、表現の自由の侵害なんじゃないの?と思うけど、本当に検討してるんだろうか。

日本の国会では、今日から共謀罪改めテロ等準備罪を新設する法案が審議入りした。一般の国民が罰せられることはない、というけれど、一般の国民というのは、どういう国民を指しているのかわからない。