読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

森友問題は、悪魔の証明?

今朝のモーニングショーで、森友問題に関連して、ジャーナリストの山口敬之氏が、安倍総理は、自分と妻が関わっていたら首相も議員も辞めると国会で答弁した時点で、ファックスもメールも全部見て知っていた、と発言したのでびっくりした。ジャーナリスト山口氏によると、ファックスだのメールだの精査した上で、「ゼロ回答」だった、つまり政治的圧力で何かが変わったということはなかったという判断になり、さっさとこの問題を収めようという意図であのような強い発言をしたのだという。

森友学園の土地の問題なんて、安倍総理はそもそも何の関わりもないから自信を持って、辞める発言をしたのだと思ってた。そうか、知ってたのかあ。

ファックスもメールも知ってて何であんな発言をしたんだろう。稲田防衛相の、記憶に頼って間違っちゃったごめんなさい発言の時も感じたんだけど、国会でこんな失敗(結果から見るとこれがあったからこの問題の追及がエスカレートしたように見える)発言をするようでは、別の意味で心配になってくる。

この問題で、以前に田崎史郎さんがこの番組に出た時の、しどろもどろになりかけた態度にもなんだか変な感じがしたんだけど、今日のジャーナリスト山口敬之氏の、「ゼロ回答」だから全く問題ない、とえらく感情的にまくしたてる態度には、田崎さんの時以上に、思わずこの人どんな人なんだろうと検索してしまったくらい、違和感を感じた。ジャーナリストと言うより、自民党の議員みたいだ。
籠池さんの立て替えた1億幾らかへの支払いについての元文部官僚寺脇氏の指摘に関しては、他の書類も調べてチェックしたけど、順番に予算を執行していく中で籠池さんのこの問題が特に早い処理だということはない、と断言していた。この説明に関しては、早口の説明だったから、同じ資料を玉川さんあたりが再チェックして、羽鳥さんの親しみやすい説明でもう一度聞きたい。

御用学者とか御用ジャーナリストと言われる人たちが存在するらしいというのは知っていたけど、今までも、こんな感じだったのかなあ。ここまで明らさまな態度で政権擁護(事実を言ってるだけだというのかもしれないけど、擁護にしか見えなかった)をするものなのかという驚きが第一で、多分そう感じるのは自分だけじゃないだろうと思うと、擁護してるようで逆効果になってるんじゃないだろうかとも思う。討論番組では珍しくないのかもしれないけど、この番組でキレ気味の態度は、それだけでかなり引いてしまう。

”山口敬之”で色々検索していたら、森友問題に関連して”辻元清美”議員の名前がちらほらと出てきた。一体何の関係があるのかと思ってたら、今日午前中の参院決算委員会で、安倍総理の口からも、辻元議員の名前が出てきた。産経新聞に3つの疑惑として記事が載ってたらしい。


産経ニュースに、『民心・辻元清美氏に新たな「3つの疑惑」 民進党「拡散やめて」メディアに忖度要求』という記事が3月28日付で載っていた。記事によると、3つの疑惑は、籠池夫人のメールの記述からみつけたもので、日本維新の会などが追及姿勢を示しているという。疑惑その1は、3月1日のメールにある通り、辻元議員が「幼稚園に侵入しかけ 私達を怒らせようとしました」(メールより)という、侵入疑惑。
その2は、やはり1日のメールにある「嘘の証言をした男は辻元と仲良しの関西生コンの人間でしたさしむけたようです」という、小学校建設現場に作業員を潜り込ませた疑惑。その3は、小学校建設予定地に隣接する「野田中央公園」に関する国庫補助金についてだ。これは、メールとは関係ないみたいだ。この公園は、元国有地を豊中市が国から購入し公園にしたもので、契約金額1,423,863,000円に対し、国庫補助金など1,402,620,000円などを得て、実質約2124万円で購入したというもの。何が疑惑かというと、いまいちよくわからない。この国庫補助金は、麻生太郎内閣が平成21年度補正予算で決めたものなんだけど、『辻元氏は21年9月から22年5月まで民主党政権で国交副大臣を務めたこともあり、同年10月の豊中市議会では質問者から「政権が代わったからこうなったのか」などの指摘も出た。』(産経ニュース3月28日)ということらしい。

この3点について、28日、辻元議員は見解を発表。幼稚園に侵入した事実はないし、マスコミで証言した人物と面識なし、補助金は麻生政権下で決定されたものを鳩山政権下で引き継いで執行したもの。3つの『疑惑』には入ってないけど、大阪兵庫生コン経営社会からの寄付についても、平成26年及び平成27年収支報告書記載の通り、としている。

『疑惑』1、2は籠池夫人のメールから出たものだとあったので、産経のサイト(2017・3・24)に載っていた籠池氏の妻と昭恵夫人のメールのやり取りを読んでみた。私的なメールだから、内容がよく理解できない上、籠池夫人の句読点がほとんどない文章は、そういう形に慣れてないので、読むだけで疲れてしまった。
確かに辻元議員の名前は何回か出てきた。
3月1日の籠池夫人のメールからは、辻元議員が幼稚園に侵入しかけ、嘘の証言をした男は辻元議員と仲良しの〇〇〇〇の人間で、差し向けられたようだ、ということまでは理解できた。これが疑惑その1と2ですね。嘘の証言とは何なのかわからなかったけど。そのあとの記述を読むと、どうやら、辻元議員が、関西なんとか連合に入ってる人間を作業員として潜り込ませたと主張してるみたいだということも分かった。生コン、関西こうえき連合、マスコミ、委託社長、孫請業者などの単語が文章の中に出てくるのだけど、何度読んでも自分には、理解できなかった。
ここから疑惑が出てくるのかあ。
これは悪魔の証明対決なのか、それとも単なる分かりやすい目くらましなんだろうか。