ハイキュー!! 第247話 2日目 感想

烏野の初戦を宮さんが見てたのは、偶然ではなかったんだ。第2シードの稲荷崎にとっての初戦相手を観戦してたわけですね。椿原は前年のデータもあるだろうけど、烏野はザ・ダークホースと言ってもいいような存在だろうから情報も少なかったんだろうな。

影山・日向を見て多少驚いていたような描写だったような覚えはあるけど、対白鳥沢戦の映像が手に入らなかったのか、初戦を見れば十分だという判断なのか。コート練習の時の稲荷崎のコーチの余裕の態度を見ると、勝って当然の相手くらいに見られてる感じかな。それともすでに心理戦が始まってるとか?


音駒とは絶対対戦するんだろうと思い込んでたんだけど、烏養さんの説明を聞いてたら、烏野がどうやって勝つのか想像できなくなってきた。インターハイ準優勝ということは白鳥沢より強いということなんだろうし(トーナメントは運と相性もあるだろうからそう単純な比較ができるものでもないのかもしれないけど)。

 

じじい孝行じゃない。でも、じじいもわかってる。実現したら何年越しの、夢の実現になるんだろう。
10月末の宮城の夜は、寒いってほどでもないのかなあ。2人ともあったかそうな服装だけど、虫が鳴いてて(でももう最後みたいな細い声)、縁側の戸は開けたまま飲んでる。他人に教え始めてから”俺がやろうと思ってできなかった事”をさせようとしてたという烏養元監督は、現役の時はどんな選手だったんだろう。選手が自分の駒じゃない事に気づいたのには、何かきっかけがあったんだろうか。
孫の方の烏養さんは、最初から、お前らが勝ち進むために、自分にできる事は何でもやる(っていうような事をコーチになりたての時に菅原さんに言ってたと思う)ってスタンスだ。
ハイキューの監督たちの飲んでるシーンは結構あるけど、たいていは居酒屋さんでモワモワした空気を感じる。このシーンは、ちょっと冷たい空気を感じながら、大好きなバレーボールをつまみに孫と飲んでる静かな感じがちょっといいな。調子が良くないというのは気になるけど、嬉しそうな元監督の表情が印象的。

 

日向の、強い奴と戦いたいという気持ちは相変わらずだ。それを受けて、影山くんも自分たちが決勝まで勝ち上がることが前提であるかのように、反対側のブロックの話をしてる。
この2人の、菅原さん曰く「変な自信」は、根拠のない自信というわけでもなく、かといって実績に裏打ちされた自信というわけでもない(と思う)。そもそも「自信」という類のものなんだろうか。もっと単純な、勝つこと以外頭の片隅にもない。ただ真っ直ぐに戦う人、って感じがする。

日向はともかく(すみません、日向くん)、影山くんはバレー脳が優れているのだから、自分たちの戦力と相手の戦力を冷静に比較分析できてるはずで、となれば第2シードの稲荷崎に対して、多少は先輩方のような怖い顔を見せてもいいんじゃないか・・・とも思ったけど、思い起こせば、この子も「強さが心地いい」という反応をする子だった。ミーティングでは、宮さんの情報を冷静に語ってるけど、試合が始まったらどう変わるかな。伊達工との練習試合でせっかく北一トス無視トラウマのリセットを見せてくれたのだから、この試合、影山くんの王様ぶりを少しでも見せてくれると嬉しい。でも、高校ナンバーワンセッターに追い詰められる影山くんもちょっと見たい気がする。


アツムとオサム、まさかのツインズ。オサム君の方は、ちょっと、ヘビの潜くんのような雰囲気だ。どんなプレイスタイルなんだろう。片方を潰しても、もう片方が補完するなんて、音駒とはまた違うしつこさがあるような気がする。
それにしても、一卵性双生児は初めてですか、って顔してた影山君が可笑しかった。ミヤさんの情報を語る影山くんは綺麗な顔してるのに。

ミヤアツムスペック盛りすぎ問題、、、。優勝する気満々みたいな優勝候補に、烏野がどう向かっていくのか、楽しみです。