読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハイキュー!! 第246話 夜 感想

もったいない・・・。今回の感想はこの一言に尽きます。いつか(できれば近いうちに)このすれ違いが正され、叶歌ちゃんの想いが通じ、田中さんに幸せが訪れますよう。

それにしても、田中さんにとって潔子さんは単にマドンナ的憧れなのかと思ってたから、叶歌ちゃんみたいな可愛い子をお断りするほどの想いだと分かってびっくりした。
失恋したかも、と涙目になった叶歌ちゃんの、レンアイしに来たワケじゃない、という言葉が印象的。


夢見た全国の初戦勝利。だけどその余韻に浸る時間などあるわけもなく、次の戦いに備えて過ごす各人各様の夜。
烏野の二回戦の相手はどんなチームなんだろう。”明日の話”に臨む旭さんと大地さんの表情からすると、相当強い相手なのかな。田中さんも気合いの入った顔してる。影山・月島はポーカーフェイスでいつも通り。みんな正座か膝つきなのに、影山・西谷はあぐらなのも、らしい感じがする。
一人に余裕がなければ、もう一人は余裕が出る。3年生2人とも、緊張感はあるけれどお互いでいいバランスをとってるのかもしれない。残り1人はあえて日常を持ち込んで平常心をキープする。
山口くんはすっかり日向のお守役が定着したみたいだ。仲良くお風呂に入ってるシーンだけ見ると、1年生に緊張はないようだ。


猫と梟のセッターは、明日のゲームプランでも考えているんだろうか。影山くんはあくびしてたから、多分もう寝てるんだろう。ゲームプランとか、ちゃんと考えてるのかな。

シード校参戦でユースメンバー2人とあと1人、初顔の怖そうな人登場。怖そうな人は、3本指の残りの1人なのか?
烏養さんの電話も気になる。
とりあえず次回は2戦目が始まるのかな。