読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハイキュー!! 第244話 弱点その6 感想

とりあえず今回分かったこと

1)梟谷は去年の春高にも出場した(合同合宿で、木兎さんが月島に、全国にも一回行ってる、と言ってたけど、それがどの大会だったのか触れてるシーンはなかったと思う。見落としてるだけかもしれないけど)
2)木兎さんの弱点その6 目立ちたがり
3)梟谷の監督はちゃんと木兎さんを叱ることがある
4)赤葦さんはスパイカー木兎のファン(絶好調の木兎さんを見るのが気持ちいいから、復活に心を砕いてる面もあるみたいだ)
5)木葉さんは本当にオールラウンダー
6)1回戦第8試合は開始時間が遅くて観客も減り、会場の気温が下がる
9)「エースの心得Tシャツ』は本当に売ってた
10)星梅さんも春高に出場してた
11)木兎さんの生態は未だ不明な点が多い

わからなかったこと
1)影山くんはどこの試合を見てるのか
2)去年の春高、梟谷はどこまで勝ち進んだのか
3)星海さんの高校はどこか

前回は音駒、今回は梟谷の試合。

梟谷は木兎さんという絶対エースがいるチームだけど、チームの他のメンバーもそれぞれ実力があってエースの不調でもきっちり点を取っていく。相変わらず木兎さんは他の人には思いもよらないようなことでしょぼくれモードになるみたいだ。それでも弱点その6として認識されてるのだから、みんな慌てることはない。

木葉さんが、たまには木兎スルーしてもいいんだからな、と言ってるのを見ると、赤葦さんの苦労は木兎さん以外のメンバーには理解されてるみたいで、なんとなく嬉しい。
それでも「絶好調の木兎さんは見ていてとても気持ち良いですから」と赤葦さんは言う。確かに、木兎さん自身の気持ち良さが、見てる方にも伝わってくるようなプレイなんだろうなあ。一緒にやってる人間にはなおのこと伝わるものがあるんだろう。で、梟谷の他のメンバーも多かれ少なかれ同じようなことを感じているじゃないかと思う。木兎さんがあんなでもみんな笑って受け入れてる理由の一つはそれなのかもしれない。

白鳥沢のウシワカは、五色くんに、悔しいけど憧れる、と言われてた。セッターの白布さんはウシワカの強さに惹かれて白鳥沢に来た一人だし。木兎さんとはまた違う周りを圧倒するような空気感のような気がする。

タイプは違うけど、絶対的エースってみんなそれぞれ、周り惹きつけて離さないような何かを持ってるのかもしれない。全国3本指のひとりであるサクサの本気の試合を見たくなってしまった。

ラストで、星海さんと日向が遭遇。と言ってもお互いを知ってるわけではないけれど。来週はどうなるんだろう。