読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハイキュー!! 第243話 それぞれの初戦 感想

試合後、応援席へ挨拶に来て、旭さんですら(すみません)途中で気づいた二人のOB主将の存在に初めて気づいた大地さん。十分落ち着いてるように見えたけど、そんなことなかったみたいだ。

「自覚している以上にずっと緊張してた」大地さんは主将としていろんな雑用もあるだろうし、試合だけを見てればいいってわけにもいかないのかもしれないけど、初戦勝ったし、自覚してない緊張に気づくこともできたし、せっかくの春高、ここから先は真剣に楽しめる試合になるといいですね、と思う。

負けた椿原に拍手を送っていた二人は去年泣いた卒業生なんだろうか。試合に負けたという結果は、チームメンバー全員にとって同じことなんだけど、それぞれの学年で受け取り方が全然違う。3年間っていう限られた時間のなかで戦う高校バレー(学生スポーツ全部に言えることなのかもしれないけど)だからこそなんだろうなあ。1年生には1年生の、2年生には2年生、3年生にとっては格別な、それぞれの思いがあるだろうことが想像できるから、高校バレーのファンっていうのがいるんだろうなと思う。(影山くんに関しては、どの学年でもあまり変わらない気がするけど)


強豪みたいな勝ち方だと思ったんだけど、やっぱりカラスは「得体が知れない」って捉えた方がしっくりくるのかもしれない。
それにしても田代さんって、ほんと人が良さそう。今の烏野の雰囲気はきっとこの人からの流れなんだろうな。田中さんの代までは烏野排球部も、今とあまり変わらない雰囲気でいきそうだけど、影山くんたちが3年になったら相当変わりそう。
月島・影山の、OBに対するにしては、1年生とは思えぬような挨拶の態度は、可愛くないの一言に尽きるけど、それに対して「残念ながら」と言っちゃう菅原さんに笑ってしまった。ほんと、3年生に同情する。でも、この二人の可愛げないツーショット、白鳥沢戦以来けっこう好きだ。

おにぎりのことしか頭にないみたいな影山くんが、周囲の視線を集めている。試合が進んでいくごとに(勝ち進めればだけど)影山くんはもっとたくさんの人の視線を集めるようになるんだろうな。

音駒の試合を観戦する烏野メンバー。旭さんはスパイカー視点で、大地さんはレシーバー視点で試合を見てる。どこへ打っても拾われるんじゃ、しつこくて、嫌になるんだろうな。見てる方は面白いけど。
音駒と烏野は多分この春高のどこかの時点で当たるんだろうけど、そうなったら、東京合宿でそれなりに手の内を知ってる相手と初の公式戦になる。お互いどんな対策を立てて来るんだろう。
音駒の試合を見て田中さんは「打つとこない」って嫌そうな顔をしてたけど、そんなこと言わず、音駒の守備をガンガン崩すようなスカッとした攻撃を見せてください。

初戦を前に、通過点だと言ったのは影山だったけど、初戦勝利の喜びの様子を見ていると(烏養さんも先生もいないし)やっぱり、ここはみんなにとっても通過点だったような気がする。目指すは優勝だから当たり前といえば当たり前なんだろうけど。