読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「フェイク」からさらにその先「国民の敵」へ

トランプ大統領のメディア批判は相変わらず止まらないみたいだ。報道によると、24日ワシントン近郊で開かれた政治集会のスピーチで、CNNなど一部メディアを「フェイクニュース」で「国民の敵」だと非難した。
同じ日、スパイサー報道官は、定例の記者会見を、通常の会見室を使ったものから報道官室での取材(カメラなし)という形に変更し、CNN、NYタイムズなど大手メディアの幾つかとほとんどの外国メディアに入室を認めず排除したという。
NHKの記事によると、CNNはこの前日、ホワイトハウスがFBIに対し、『大統領選挙中にトランプ大統領の側近がロシア側と接触を図っていた疑惑を否定するよう求めていたと報じ、スパイサー報道官がこの報道は不正確だと強く反論してい』たという。報道官室での取材会見を閉め出されたCNNは、「気に入らない報道に対する報復措置」だと反発。

世論調査では、アメリカ人のマスメディアに対する信頼度が史上最低レベルに低下してるというけど、信頼してない人たちにとっては、今回の締め出しのようなことは、フェイクニュースを流すようなメディアなんだから当然、なんだろうか。それとも、さすがにこれはちょっとやばいでしょう、って思うんだろうか。

自分には偏向してるのかどうか判断できないんだけど、CNNやNYタイムズが偏向してる、というのはよく言われてることのようだ。

トランプ大統領の批判は、偏向を通り越して「フェイク」、「フェイク」も通り越して(?)「国民の敵」まで到達してるのが、すごい。なんでもスケールアップすればいいというものでもないんだろうけど。

大統領の一部メディアとの戦いは、視聴率競争を戦ってきた人ならではの戦いだという他に特に意味はないというならいいけど、そんな軽いものじゃないだろうから、きっと何か目的があるんだろう。戦いの先のゴールを幾つか見据えてるんだろうけど、それはどういうものなんだろう。