読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

公平、という言葉の定義も人それぞれなのかも?

メキシコとの国境の壁建設の費用をメキシコに払わせるというトランプ大統領は、メキシコがアメリカを公平に敬意をもって扱わない限り会談は実がないと言う。メキシコからの輸入品に20%の関税をかけて、それを壁建設費に当てる、と報道官が発言したと、朝の情報番組でも大きく扱っていた(後から、多くの案の中の一つ、にトーンダウンしたみたいだけど)。
メキシコの大統領との会談がキャンセルになるという外交問題(だと思うんだけど)になったみたいだけど、そもそも壁建設で、アメリカのドッラグがらみの犯罪が減少したり、白人の雇用が改善したりするものなのか?

12月には、アメリカ企業が海外に工場移転した場合、その企業が米国に輸入する製品に35%課税する と、ツイッターで表明したことが報じられた。20だか35だかわからないけど、最初にガツンと食らわせるのも交渉のうちってことなのかな。
このペースで手当たり次第に見える大統領令とツイッターが続けられるはずもないんだろうけど。
今は大統領としての実行力をアピールしてる段階だというし、もしかしたらすごく深い戦略があるのかもしれないけど、ビジネスと1国の経営は違うということだったらやっぱり怖い。

 

メキシコは公平じゃないとトランプ大統領はいうけど、日本にも対しても不公平だという。見たこともないようなでっかい船に車をいっぱい積んできて、とトランプ大統領が言ってる映像を見たけど、見たこともないようなでっかい船を想像したら、なんとなく笑えた。大統領選のキャンペーン期間に、ヒラリーさんとトランプさんの人気の差は、一緒にビールを飲みたいかどうかだとどこかで言われてたのを思い出した。
日本は不公平というトランプ大統領の記事に、
『国内自動車メーカーの関係者は「不公平でないことはちゃんと考えてもらえばわかると思う」と戸惑いを見せる』(東京新聞1・25朝刊)という箇所があった。
トランプ大統領にちゃんと考えてもらうという事を前提にしたら負けのような気がする。