東京五輪バレーボールの会場変更がるかも、の報道を見て

2020年の東京オリンピックの競技会場の見直し案の最終報告が、今日、小池都知事に提示されたという報道。
バレーボールの会場としては、現行計画通りの「有明アリーナ」の新設と、代替地として「横浜アリーナ」も検討されるらしい。「横浜アリーナ」にはウォームアップ用のサブコートがないみたいだけど、「近隣の私有地を使うことで開催は可能」なのだそうだ。

東京都の調査チームが検証した東京五輪パラリンピックの開催総費用は今のままでは3兆円を超える可能性がある、という報告書が9月の終わりに出された。東京が立候補した時の開催費用7340億円という数字からすると、この増え方は訳がわからない。(3兆円の方は選手の育成費用など6000億円や、予算管理が甘かったらという条件がついての数字みたいだけど、それにしても、な数字だと思う)

こんな数字を見せられれば、都民じゃなくとも、新設するにせよ大会後の運営の見通しがきっちり立てられてなければ、既存の施設の利用で削れる費用があるなら削るべきだと思ってしまう。
その分選手の育成費用に使えないのかなあ。一観客とすれば、立派な建物よりすごい試合を記憶のレガシーに残して欲しいと思うんだけど。

横浜アリーナは、過去にもバレーボールのワールドグランプリの決勝ラウンドが開かれたことがあるというけど、その時はサブコートとかどうしたんだろう。

 

それにしても調査チームのメンバーってどんな人たちなんだろう。