読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大統領が変わったら、戦争の仕方もガラッと変わるのかな

アメリカ大統領選挙、投票日まであと1週間ちょっと。昨日の新聞によると、クリントンさんは同日に行われる上下両院の議会選挙の応援にも余力を向け始めてる、とあった。共和党支持者でもクリントンさん勝利と見るのが41%で、トランプさんの40%を上回ってるそうだ。
でも、まだ当確って言うわけではないみたいで、「選挙当日まで有権者の支持動向が揺れ動く可能性が高い」そうだ。


今回の大統領選は、嫌われ者選手権だと、ずいぶん前にどっかのテレビ番組で言われてたような覚えがあるけど、トランプさんに勝たせないためにクリントンさんを支持するっていう人はすごくたくさんいるような気がするけど、その逆はそんなにいないような気がする。

決着したのかと思った、クリントンさんのEメール問題が、ここにきて別件の捜査で出てきたEメールの調査から再燃するかもしれないという報道もあるし、どうなるんだろう。

普通なら支持率が急落しそうな問題が次々と出てるように見えるけど、支持率自体はすごい差がついてるというわけではないみたいだし、トランプさん支持は、トランプさんだから支持するという強い支持なんだろうな。
今のアメリカを変えたい、っていう強い願望が、トランプ支持の根底に流れてるというけど、選挙が終わったら、そういう思いはどこへ行くんだろう。