読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通常はハイビームが基本と言われても、実際走るとなかなかめんどくさい

夜間の車の走行は基本ハイビームを使いましょうと、警察が呼びかけてると、テレビのニュース番組でやっていた。
なんでも去年、歩行者が自動車にはねられて死亡した事故625件のうち527件(96%)が、ロービームだったという。その中には、ハイビームにしてれば防げた事故もあるそうだ。

自分がそうだからといって、他人もそうだとは限らないんだけど、この上向き、下向きに関しては、下向きが通常って人の方が圧倒的に多いと思う。だから96%が下向きだったとか言われても、それはそうでしょう、って感じ。

道交法では、ハイビームが基本で、すれ違いの時にロービームに切り替えるのだそうだけど、はるか昔に運転免許を取った時、対向車とすれ違う時や前に車がいる時は眩しいから下向きにしなきゃいけないってのは、習った記憶があるけど、通常は上向きにしましょうっていうのは初めて知った、と思う。
そもそもハイビームの正式名称は、「走行用前照灯」で、ロービームは「すれ違い用前照灯」。確かに名前を見ると、ハイビームが基本って思うけど。

今まで、よほど車の通らない、街灯もない道を走るのでなければ、上向きにすることなどなかったけど、基本上向きだというので、ここ何日か上向きを基本にして走ってみた。
住宅街は車も少ないし、暗いし、もともと大体上向きにしてたからまあいいんだけど、他はきつい。
面倒くさい。こまめに切り替え、とか言われても、運転時の感覚としては、常にカチャカチャやってる感じになる。これは、大通りではむりです。
基本ハイビームにしてみて思ったんだけど、むしろ危険を招く可能性があるような気がする。
基本ハイビームってなったら(今も本当はそうなんだけど)、切り替えをうっかりする人が増えるかもしれない。暗くて見えないのも危険なんだけど、眩しくても見えないことがある。眩しさに気をとられることもあるし。

まあ、暗いとこでもちょっと対向車があるようなとこだと、切り替えが面倒くさくて、上向きにしないってことがあるから(これは自分のことです)、「基本ハイビーム」って呼びかけも、わからないでもないんだけど。

そんなことを思ってたら、日産のCMで、ハイビームのオート切り替えも装備してます、みたいなのを見てしまった。(今まで興味なかったから単にスルーしてただけかもしれないけど)なんて手回しの良いこと。