読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハイキュー!! 第227話 チャレンジャー 感想

ハイキュー!!の事

前半の展開は、影山絡みで読者としても緊張でドキドキだった伊達工戦も、いよいよ終盤。後半は烏野メンバーそれぞれの課題の解決に向けられて、ラスト(多分、8セットで、練習試合は終わりみたいだし)の今回は、旭さんと田中さんの番だ。と、木下さん?


前半の影山の苛立ちの原因にもなった、WS2人のチャレンジは、最終セットになってようやく形になったみたいだ。
田中さんの疲れには早いうちに気づいたのに、あれだけ明らさまなスタミナ切れの月島に気づかなかったのは、意識の底ではやっぱ苦手意識があるから、かもね、影山くん。月島の課題のスタミナは、それこそ一朝一夕に解決するものじゃないから、春高始まったらセッターが配分考えながらということになるのかなあ。打点あげるの結構体力使うみたいだし。そうなると結局影山の課題になるのかもしれない。

田中さんのきわきわコース狙いのチャレンジは、珍しく影山がちゃんと口に出して褒めてたくらい、形にはなってきたということなんだろう。サーブは本人的には納得みたいだ。
それにしても、大地さんじゃないけど、田中さんの弱気の表情は珍しい。インハイ青城戦と和久谷南戦の時は、もっと緊張感のある顔だったけど、今回の方が可愛いくて良いです。
「はげまし」
って吹き出しは影山くんには見えないから『?』ってなってしまった。どっちにしても、これから先も覚えることはできなさそうだけど。

旭さんの方は、ラストになってようやく納得の表情。チャレンジは成功したということなんだろう。ブロックとタイミングをずらして打ちたいと言ってたやつなのかな。解説ないとよくわからない。
ブロッカーは、スパイカーが打つと思った瞬間に一番腕に力を入れるってどかのサイトに書いてあったけど、そこをずらすってことなのかな。体幹の強さがないとできないってあったけど、旭さんは問題なさそう。今回ものすごいパワーでボールが後方高くへ弾き飛ばされてたけど、和久谷南の中島がやってたのと、どう違うんだろう。


どっかの回で、穴原先生が、日向について、いずれ本能から直感へ変わる、と言ってたことがあった。日向が黄金川を釣りに行った時、影山は直感という言葉を使ったけど、穴原先生のそれと同じ意味なのか。どうなんだろう。
とりあえず、宮城選抜合宿を経て、日向が分かりやすい形で着実な進歩を遂げてるのは確かみたいだけど。
セッターとスパイカーの関係で、どうやったら「お前を倒すのは俺」を実現できるのかはわからないし、今のとこ誰がどう見ても影山が日向の前を行ってるけど、本人的にはいつでもどこでも日向はライバルって感じなのが、なんでかなあって思うけど、面白い。手柄という言葉を選択したことには笑ってしまったけど。


吹っ切った影山は、なんだか人間界に順応しようと頑張ってるアンドロイドみたいに見えるときがあって、この子の課題は、バレー以外だとつくづく思う。
表情からきつさも抜けて、会話も増えて、張り詰めたような緊張がすっかり解けた様子を見ると、北一の件は、よっぽど重しになってたんだなあ、と思う。
でも春高本戦が始まったら、いい意味でのきつい表情も見たいとは思う。(白鳥沢戦の終盤で見せたような「俺には無理です」みたいなのは、もう嫌ですが。)