読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハイキュー!! 第225話 ぎくしゃく 感想

最高のセッター宣言

睨み上げるような影山が、最高のセッターになる努力宣言をするアップから始まる今回。
言葉選びも間違うみたいですと、影山は言うけれど、選ぶ言葉自体は正確かつ端的だと思う。問題は、受け取る相手や状況への考慮がまるでないように聞こえるってことだと思うんだけど。それがないと、言葉が正確な分、きつく感じられてしまうから。でも、影山自身が、自分でそこまで認識してるってのは、ちょっと意外。

「ここはオリコウサンで良い」
ってどういう意味だろう。まるで呪文みたいだ。
ここってどこ?この練習試合?それとも烏野バレー部?今いるセット間のこの状況?
オリコウサンって何?おりこうさんとは違うの?良い子?

烏養さんは、プレーに必要なのは、試合の”状況”と選手の”状態”の把握だという。白鳥沢戦で十分できてたと思うんだけど、意識的にもっとオープンにチームに還元していく形をとるようにしてくみたいだ。
何を考えてるか他人の気持ちはわからなくて普通だ、とコーチに言い切ってもらってとりあえず良かった。

 

試合中のミーティング

選手の状態を把握、するとこまではいいんだけど、結論まで持ってく言い方なのかなあ。交代も手かもって影山が言った時、そうだね〜 でもそれは監督が決めることかなあ くらいにしか思わなかった。自分としては影山の物言いにも、内容にも、それほどの違和感を感じたことがないんだけど。
烏養さんは先手を取ってタイムアウトを要求したみたいだ。

本数を減らすこと一つとっても、田中さんと旭さんと、メンタルが対極的だから、影山にとってはいい経験になりそう。

旭さんのようなタイプは、影山がリードするくらいの勢いでやるくらいの方が良さそうだから、意外に扱いやすいかもしれない。旭さんへの対応をマスターしたら、サクサ相手でもOKな気がする。
内容はともかく言い方が悪いと聞かない、っていう田中さんタイプの方が、影山にとっては厄介そう。
さりげなく、っていう田中さんの言葉を心の中で復唱してる影山は、コミュニケーション例をインプットするロボットみたいでおかしい。”さりげなく”って言葉の意味は知ってるみたいだけど、今までの人生で実践として使うのは初めてなのかもしれない。今まで何かを”さりげなく”やったことなんて一回もないんだろうなあ。素直な学習態度だなあ、と思う。これから長くかかりそうな影山の訓練期間、なんだかんだ言いつつも、田中さんは最後まで付き合ってくれそう。
ストレスではないかもしれないけど、疲労はいつも以上に感じるんだろうな。慣れるまでお互い様なんだろうけど。

青城や音駒は、セット間にほとんど選手だけでミーティングが成立している、と言われてたけど、烏野もまだまだぎこちないながら、その方向へ向かい始めたみたいだ。


紛れるシンクロ攻撃

白鳥沢前のラストで、日向がマイナステンポからファーストテンポに助走開始を遅らせて、他のスパイカーに合わせてたけど、そっちの方がシンクロとしては効果的ってことなのかな。攻撃によってテンポを使い分ける。ブロックを破るためには、ほんの少しの差が必要なのかなあ。
トスのスピード=速い攻撃、ではないというけど、今回の青根さんのリードブロックを見てると、トスの速さでふりきらないと勝負できないように感じてしまう。スパイカーが余裕で打てる十分な高さのあるセットアップと言っても、スパイカーに十分勝負できるだけの力量がなければ、やっぱりある程度、トスのスピードの速さでブロックを振り切る必要があるような気がするんだけど。
影山の正確で速いセットアップ技術を、もっと生かす攻撃ってのはできないのかな。完全にファンタジーに走るのは論外だけど、リアルバレーじゃないし、なんかもっとワクワクするようなプレーが見たいなあと、思う時があります。
スパイカーを生かすっていうのはきっとセッターの基本なんだろうけど、せっかくの天才を、烏野はもうちょっとなんか生かせないのかなあ。

そうか、でも考えてみれば、日向とやってることやシンクロとかもうすでにいろいろあるんだ。

刺激に対する欲求は高くなるばかり、ってことかなあ。

                                  
表紙はハロウィーン

ハイキュー!!ハロウィーンの表紙を見ると、ああ一年経ったんだなあ、としみじみ感じる。(年末年始よりも感じるかも)
今年の吸血鬼は黄金川。去年は影山くんが吸血鬼だったような?