読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハイキュー!! 独裁の王様と孤独の王様

インターハイ予選青城戦で超えたかに見えた影山の北一時代のトラウマ。

ユース合宿で、宮におりこうさんと言われた時、影山は、それを思い出したし、宮城合宿の最後で、金田一も北一時代にこだわりがあるということが示された。春高東京予選後、宮城に戻っての新たな展開の表紙は、北一時代を思わせるような王様姿だったし(日向もいたけど)、この先の展開に北一時代のチームメイトからの拒絶を何らかの形で持ってくるのかなあ、と思わされるシーンがここまでちょこちょこ出てきたんだけど、どうなんだろう。とりあえず、影山にもセッターとしての新展開を期待してるんだけど。
ユースの監督の言葉がヒントになるとしたら、天才は完璧からもっとも遠い存在だから面白い、と、のびのびバレーだと思う。今の影山は、王様とは程遠いけど、セッターとしての影山の今後については、王様という言葉もヒントになるのかもしれない。

 

北一時代の影山は、チームメイトからコート上の王様と呼ばれていた。
独裁の王様。孤独の王様。
孤独も独裁も同じような意味で使われてたように思うけど、独裁と見るか孤独と見るかで、影山に対する印象がまるで違ってくる。


及川さんが卒業して2年生になった影山は、正セッターとして起用されたのかな。1年生の時に、練習試合で不調の及川さんに代わって試しにセッターとして投入されたシーンがあったし、入部早々才能とボールの扱いの慣れ方は群を抜いてると評価されて、ゆくゆくはセッターだと監督が認めていたほどだから、上に3年がいるとはいえ、及川さんなき後、2年生正セッターとして起用されてもおかしくない。北一は強豪で、勝つことが求められてるチームみたいだし。実力重視だと思う。


推測の上に推測を重ねてるだけなんだけど、2年時にセッターでレギュラーだったとしたら、その時のチームはどうだったんだろう。やっぱり独裁の王様だったんだろうか。
及川さんの最終試合の時の描写を見ると、影山は、真面目で素直でいい子、に見える。日向と月島に対する態度はともかくとして、(山口や谷地さんには普通だからあの態度は、同級生だからというわけではないらしい)先輩に対するきっちり礼をわきまえた態度を見ても、及川さんたち3年生引退後から、影山たちが2年に上がるまでの短い期間で王様化したとは思えない。


この人を超える、と目標に設定した及川さんは、影山にとって大きな壁だった。だから、それが存在する限りは、天才といわれた才能を空回りさせることなく目標に向けて、他に目をやることなくまっしぐらに動いていけたんだろう。及川さん卒業後の北一には、影山にとって壁と言えるほどの存在はなかったんじゃないかなあ。
その辺から、少しづつ歯車がズレていったのかもしれない。壁がなくなって、周りを見渡してみると、物足りない。勝ちへのこだわりも上に行きたいという向上心も、人一倍持っていて、そのための技術も才能も持っている。
勝つために、チームメイトにもいろんなことを要求したと思う。自分ならできるから、他もできるのが当然と思っての要求もあったんだろう。でも、そうそうできるものじゃない。今の日向への言い方を見てると、当時も多分、言い方がいい方だったろうから、要求される方としても、ストレスがどんどんたまっていったんだろうと想像するのは簡単だ。影山の方も、できる人はできない人が何でできないのかわからない状態で、ストレスが溜まり、それが態度にも反映され、周りはその態度にさらにストレスを溜める。負の連鎖状態に陥ってしまったかもしれない。
影山の先輩に対するきっちりした態度からすると、2年生の間は上がいるから、まだマシだったんだろう。逆にその間ストレスが溜まりまくっていったのかもしれないけど。


高一で、強豪と言われる青城のレギュラーに起用されてるんだから、中学の頃から金田一も一定レベル以上の選手だったことは確かだと思う。それなりに自負も持っていたはず。だから、とても満たせそうもない影山の要求は、金田一にとってはそれこそ無茶ぶりだったんだろう。
及川さんが、金田一に、影山の相棒の座を取られて云々と言ってたことがあったけど、ブロックを振り切りたいという思いがもともと強い影山にとって、ミドルブロッカーは大事な武器ではあるけれど、相棒意識はなかったと思う。金田一が無神経な奴だとは思えないから、影山に相棒意識が多少でもあったとしたら、それを感じることはできたと思う。そうしたら、少しは違う結果になったかも。


青城の速攻は、烏野よりタイミングが遅いと菅原さんが言ったし、王様の影山は、速攻はもっと早く入ってこいって言ってんだろといった。金田一の速攻は少し遅いのかもしれない。
本来なら、セッターとミドルブロッカーの折り合う地点があるはずなのに、(そのための練習なんだろうに)お互いに自分の主張をするだけで、その地点を見つけることができなかった。(もっとも、影山が金田一に一方的に要求する場面はあるけど、金田一の方は、お前のトスは無茶すぎるって言ってただけなんだけど)。
影山は、タイミングの遅い金田一に合わせるのではなく、自分が上げるトスの先に飛んでるはずのスパイカーの姿に金田一をはめ込もうとした。出来ないはずがないと思っていたんだろう。それは、金田一の力を信頼してるからではなく、自分ならできると思ってるから。

北一の監督が影山に、大事なのはお前個人の技術じゃないと言った時、影山はイラついたように、わかってますと答えた。そんなことはわかってる(多分)、勝つために要求してるんだ、とでも言いたげに。
この場面を見たとき、監督すら、影山の理解者ではなかったんだろうな、と思えた。影山の一番の理解者(態度はともかく)は及川さんだったと思う。影山には、そんな意識全くないだろうけど。
影山はバレーボールに関しては、向上心の塊のようだから、もちろん自分の技術を伸ばすために努力を惜しまなかったんだろうと思うけど、チームメイトに要求した、もっと早く、もっと高く、は自分の技術のためというよりは、唯ひたすらに勝ちにこだわるあまりのことだったと思う。

 

影山にはチームメイトとしての自覚がなかったんじゃないかな。もっとも金田一たちにも、影山も同じチームのメンバーだという感覚があったのかは疑わしいけど。金田一は、影山にとって必要なのは思い通りに動く駒だと言ったけど、金田一たちチームメイトの側も、勝つためのセッターとして必要だから我慢してやる、くらいにしか見てなかったんじゃないか?


金田一と影山が”仲直り”することはこの先もないだろうし(そもそも元々仲良くない、って金田一は言ってた)、それはそれでいいと思う。ただ、影山がなぜ独裁者状態になったのか、金田一が、影山側に視点を移して考えることは、金田一にとってもいいことだと思う、というよりそうしてほしい。
烏野での影山は、スパイカーの打ちやすいトスを上げることに心を砕いてるみたいだし、チームのバランスも考えるようになってる。北一時代について直接、自分が悪かったという表現をしてるシーンはなかったと思うけど、振り返って考えるところはあるんだろうと思う。北一時代の失敗を繰り返さないようにしてるように見えるし。

国見は、金田一が中学時代にこだわりすぎてるというけど、多分国見と影山の関係より、金田一と影山の関係の方が深かった(速いトスは主に金田一にあげていたんだろうから、衝突の主な相手は金田一だったんだろう。)はずだから、国見とはこだわり方の度合いが違っても当然なんだろう。