読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リオオリンピック、男子バレーボール予選グループB ロシア対アルゼンチン

アルゼンチンが3・1で勝った。

第1セットは、アルゼンチンが余裕でとってた感じだったけど、第2セットは、逆に、簡単に取られてしまったような印象だった。第3セット、第4セットは、途中までロシアがリードしていたのを追いついて逆転。

アルゼンチンの選手はみんな、コート外に飛ばされたボールを結構追いかけるんだ、ってことと、足もよく使うなあ、ってことに、ちょっと感心してしまった。

NHKのネットのライブ配信だから、解説も実況もない。競技に詳しい人にとっては、問題なしなんだろうけど。何もなしで見ていると、実況やら解説やらの、ありがたみがわかる。
でも、何試合かみてちょっと慣れてきた気もする。

アルゼンチンの、見てると何だかほんわかした気分になれるような体型のセッターは、どんなボールでも上げてしまう感じ。体勢を崩しながら、コートの端から端まで上げたシーンが印象的だった。そのボールを打ち切ったスパイカーも、決めたことにちょっとびっくりしてたような。
見た感じそんな素早く動けそうな体型じゃないんだけど、気づかぬうちにトスを上げてるようで、不思議な感じがした。

また見たいなあ、って思った。