読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トランプ・プーチン首脳会談とか実現するのかなぁ

共和党の大統領候補者に本当になっちゃったトランプ氏の発言がまた波紋を呼んでるみたいだ。報道によると、27日、トランプ氏は、『「ロシアよ、もし私の話を聞いているなら、ヒラリーが消したメールを捜し出してほしい」。そう発言したトランプ氏の念頭にあったのは、クリントン氏が国務長官在任中に私用メールサーバーを使い、送受信したメールの約半数を削除するなどした「メール問題」だ。トランプ氏はさらに「ロシアはヒラリーが削除した3万件のメールを入手するべきだ」と訴えた。』(東京新聞7月29日朝刊の記事より)
この発言に対して、米メディアやクリントン氏陣営などから一斉に批判の声が上がったという。それはそうだと思う。

選挙のために、何らかの形で外国を利用しようとするのは、トランプ氏が最初じゃない。けど、それはすべて秘密裏に行われてきたこと。今回のトランプ氏の発言は、それをオープンにやろうとしたという点で、ショッキングな出来事だったらしい。(というようなことが、NYタイムズウェブ版に載ってた)

あまりに当たり前に標準だと思われてきたことを、故意かどうかわからないけど、なんのためらいもなく壊して、誰も標準だとは思ってなかったような標準状態を作り出す。トランプ氏は、グローバリズムだなんだという経済の恩恵を全く受けることなく格差が拡大する中で、不満を溜め込んできた人々の、普段は言えない本音を代弁しつつさらにそれを煽って(るように見える)、支持を広げてきたように思うんだけど。
繰り返し述べることで、なんとなく慣れてしまう。気付いたら、ちょっと前はこんな発言許されなかったよね、っていうのが標準になっちゃてるっていうのは、何もトランプ氏の専売特許ではないなあ、とおもう。

少しづつタガが緩んでいく感じ?