読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イェメンの報道から

報道によると、イエメン政府は、フーシ派との話し合いを再開。約2週間の中断の後で、クウェートでの国連主導の話し合いに、土曜の夕方、両サイドが参加した、という。その前には、政府側は出席しないと言ってたらしいけど。

前回の話し合いは、両サイドの主張のギャップを埋めることに失敗したというけど、今度はどうなんだろう。
サウジがバックについてる国際的に認められたハディ大統領のイエメン政府は、国連安保理の、フーシ派が2014年以降獲得したエリアからの引き上げと、軍から奪った武器の引き渡しという決議の履行を要求し、フーシ派は選挙のための移行政権に参加したい、という主張だというけど。どっちが先かってことでなんとかなるのかな。


4月に始まった停戦で、戦闘はスローペースになってるらしいけど、イスラム主義の武装勢力が権力の空白に乗じて、各地で爆撃をなど攻撃を起こしてるという。アルカイーダとかイスラム国の関連グループってことなのかな。