読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず、選挙。投票してきた。

8日(金)の東京新聞朝刊一面に、『投票率50%割れ 識者が懸念』という記事が載っていた。

共同通信社参院選ごとに有権者の投票動向を探るために行ってる世論調査で、「参院選に関心がある」と答えた人の割合が今回、2004年以降で最低になった』からだという。
過去3回を見ると、事前調査の数字は実際の投票率より20%ほど高く、投票率と同じように低下傾向にあるという。今回は、69%と70%を切った。これまでと同じように投票率に連動するとしたら、投票率は50%を切る可能性がある、ということらしい。

7日(木)の朝刊トップは、『憲法 与野党の論戦激化』。
改憲4党が3分の2をとれば、9条を含めた改憲が進む」と主張する野党に対して、「今回は可能性がない」とする与党の間で、論戦が熱を帯びてきた、という。

先日、羽鳥さんの朝の番組で、コメンテーターが、報知新聞だかどこだかの新聞が、100人に街角インタビュー(だと思ったけど、きっちり見てたわけじゃないから対象と場所は違うかも)して、今度の選挙の争点の一つ憲法改正について、3分の2という数字を知ってるか、という質問に、8割が知らないと答えたと聞いて、驚いた、と言ってた。
微妙だな。そんなものだろうな、と思う気持ちもあるけど、『論戦が熱を帯びてきた』という新聞の言葉を信じたい気もどこかにあったから、(熱を帯びてきたと言っても、別に、国民の間で、と書いてあったわけじゃないけど)なんだか力がどっと抜けてしまった気がする。


8時から始まった各局の選挙特番、池上さんの番組を見てるけど、自民が単独過半数改憲勢力で3分の2をとったと速報されてる。

池上さんが、自民党の稲田政調会長に、今回自民党憲法改正について訴えてこなかった、公約も最後の方にちょっと載っけてるだけだけど、それでいいのか、というようなことを強い口調で聞いてたけど、そんなの選挙の前に特番組んでやれよ。

と言っても、池上さん個人がどうしたくても、どうにもならなかったんだとは思うけど。逆に、池上さんに聞きたい。選挙前にこういう番組やろうとは思わなかったんですか?思ったけど、できなかったんですか?

 

谷垣幹事長は、自民党憲法草案は、野党時代にかなり自由に議論して作ったものだけど、たたき台がなければ話が進まないからたたき台にしていくと言ってた。かなり自由な議論には、三原じゅん子議員みたいに、神武天皇以来の日本の歴史を大切にした憲法を作りたいという人たちの意見も取り入れてんだろうか。神武天皇だよ!うちのおばあちゃんはたぶん歴代全員諳んじただろうけど。

 

安倍首相とのやりとりも、このあと予定されてるみたいだけど、明日サッカーいつもより早いみたいだからもう寝よう。

投票率はどうだったんだろう。