読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユーロ2016 アイスランドとポルトガルの試合を見て

スポーツ

ユーロ2016、ポルトガルアイスランド戦は1・1の引き分けだった。

面白かった。後半から見たんだけど、攻めても攻めてもなかなかポルトガルは点を追加できなかった。どっちの応援ってこともなく見はじめたんだけど(そもそもロナウドしか知らないし)、アイスランドの応援がすごくて、途中からすっかりアイスランド贔屓になってしまった。
この間、多分イングランドの試合だったと思うけど、客席から歌声が流れてきて大合唱になってたシーンがあった。アナウンサーが、「こういうのが自然発生的に出てくるんですよね、こういう大会では」と言ってたのが印象に残ってるんだけど、アイスランドの青一色の観客席からは、歌ではなく、なんていうんだろう、短い息を吐き出すようなかけ声みたいなやつが聞こえてきた。
ハリー・ポッターシリーズの炎のゴブレットに出てきた、ビクトール・クラム率いる男子校の生徒隊たちが掛け声をかけながら、ホグワーツの食堂に入ってくるシーンがあったけど、その時の掛け声に似てた。

アイスランドは人口33万人の国で、ユーロ初出場だそうだ。33万人といえば、郡山市所沢市、川越、高知、秋田市、東京だと北区が33万人くらい。そう比べると、なんか、代表チームにかける国民一人一人の期待の大きさみたいなものが想像できるような気がする。サッカー人口は1万人と、解説が言ってた。(日本のサッカー人口は、2011年JFA登録サッカー選手が約90万人。)
どれくらいの人が応援に来てるんだろう。青一色の応援席は、結構なボリュームに見えたけど。

後半少ないチャンスをものにした、と言っていいんだと思うけど、アイスランドが1点入れて、同点。そこからは、ポルトガルの攻勢がすごかったんだけど、なかなか点が取れなかった。

サッカーは、4年に一回のワールドカップと、地上波で放送される日本の予選とかぐらいしか見ないから、基本的なルールくらいしかわからないんだけど、よくわからないなりに、こういう大きな国別の大会は、観客の応援を見てるだけでも楽しい。