閉所恐怖症にとっては悪夢のようだと思った記事でした

先日中国で、エレベーターに閉じ込められた40代の女性が、そのまま1ヶ月以上、誰にも気づかれずエレベーターの中で死亡したという記事を読んだ。
故障したエレベーターを修理しにきた作業員が、中に人がいるかどうかドアを開けることなく声をかけることだけで確認を済ませたのがそもそもいけなかったらしい。(マニュアルではちゃんとドアを開けて確認することになってたみたいだけど)。
声をかけて人がいないと判断して、電源を落としてしまったという。そしてそのまま1ヶ月以上。
人が住んでいないアパートではない。ちゃんと住んでる普通のアパートで、誰にも気づかれず1ヶ月なんて、想像できないんだけど、他にもエレベーターがあったから、だという。
他にあるからと言え、そもそも1ヶ月の間故障が放っておかれるという状況が考えられないんだけど、中国ではそのこと自体はそんなに珍しいことではないらしい。
ものすごい勢いで経済が成長して、都市化して、多分追いついてない部分がたくさんあるんだろう。
この事件?事故?には、かなり非難の声が上がってるらしい。

それにしてもエレベーターに閉じ込められて死ぬなんて、恐ろしくて想像できない。