ハイキュー!! 第196話 「背水の陣」 感想

音駒のストレート負けは久々だというから、今回の木兎さんはよほど調子が良かったんだろう。「木兎くじき作戦」も途中まではうまくいったかに見えたんだけど、赤葦さんの手腕に拍手と猫又監督が言ってたから、仕方ないですね。

黒尾さんが言う、チームワークがはまった瞬間って、ただ、つなぎがうまくいったとか、綺麗にコンビネーションが決まったとか、そういうのだけじゃないような気がする。
烏野対白鳥沢のラスト、日向がワンテンポ遅らせて、全員でファーストテンポのシンクロ攻撃に入って決めた時みたいな感じかな。あと、チームワークがはまった瞬間かどうかはちょっとよくわからないけど、インハイ予選伊達工戦で、日向が囮で旭さんがパイプ攻撃を決めた時の日向の気持ち良さが、黒尾さんが言ってる気持ち良さに近いような気がする。和を乱さないために自分を殺すということではなく、全員がそれぞれの良さを100%出して、それが掛け合わさった瞬間のプレー。掛け算バレー。表現は違えど、黒尾さんも、青城の岩泉さんも言ってる中身は同じなんだろうと思う。

黒尾さんに言われたことはまだ難しすぎるのか、消化しきれてなくて、空回りの記憶が消し去れてないみたいなリエーフに、夜久さんが声をかける。今のリエーフが下手くそなのは、監督もチームメイトもみんなわかってる。それでもリエーフが先発してるのは、夜久さんが言う通り、音駒にいまひとつ足りなかった攻撃の瞬発力のためで、そんなことはリエーフもわかってるはず。差し引き5点リエーフが獲ってくれたら、あとの守りは自分の仕事。背中で語る男なんて、多分、健さん以来だ。かっこいい。
リベロは男前じゃなきゃやれないポジションなのか?って、トラさん。ホント、烏といい猫といい、リベロは男前じゃないとできないポジションなのかも。
Wローリングサンダーは謎だけど。


負けて、悔しさでいっぱいなんだろうけど、すぐに次の試合が始まる。次は落としたら後がない試合。
女子の試合が終わって、出入り口で待つ音駒の選手たちの間を、多分負けてしまった方の女子たちが泣きながら退場してくる。彼女たちに決して目を向けようとせず、体育館の中を見つめるネコの選手たち。でも泣いてる姿はちゃんと目に入ってる。このシーン一言もないけど、これから最後のチャンスに臨む選手達と、多分最後のチャンスに敗れた選手たちの姿の対比で、ネコたちの自信と不安みたいな相反する気持ちまで伝わってくるような気がする。
その最後のチャンスも、「全国行きの最後のチャンス」と芝山くんは思うけど、3年生3人とは、「最後」の重みが違うんだろうなあ。ってのが、3年生3人の後ろ姿から見えてきて、こっちまでドキドキしてくる。
学校ジャージっぽいのを着てる夜久さんと黒尾さんが、バチバチしてるのは入部当初なのかな。3年間、いろいろあったんだろうなあ。

 

早く烏野に戻ってこないかなあと思いつつ、梟谷戦も結構楽しんだけど、ヘビはヘビでキャラ濃そうで(大将さんは、ちょっと天童さんの香りがする)、楽しみになってきた。潜くんと黒尾さんの寝癖対決、黒尾さん好きなんだけど、潜くんも捨てがたい。