読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 イエメンの記事を読んで 

イエメンについて

AP通信によると、オマーンが、戦火の飛び火を恐れて、今年初めころから国境を2箇所閉鎖してるという。空港や、サウジアラビアとの国境は、サウジ主導の軍事攻撃が始まって以来何ヶ月も閉鎖されてるイエメンにとって、唯一の開かれた道だったという。

シリアのマダヤという街が政権側に包囲されて住民たちが飢餓に瀕しているという報道があったけど、イエメンは国自体が封鎖されてる。
国民の80パーセントが支援を要する状態だと以前報道されてたけど、細々開いていた道が閉じられて、どうなってしまうんだろう。

イランとサウジアラビアの代理戦争と化していると言われるイエメンの内戦では、戦いは継続されているというのだから、武器弾薬はどこからか入ってきてるということなんだろう。それでも、人々の生存に必要な物資は入ってこない。

そんな混乱が続くイエメンに、アフリカから難民が逃げてきているという記事を読んで、驚いた。エチオピアやソマリアからの難民だという。
去年1年間で92000人以上が海を渡ってきたという。多くはイエメンの紛争の深刻さについて誤った認識をしてるらしい。イエメンの現状を知っていたら、命をかけて逃げる先として選ばないだろう。
去年95人が海を渡る途中で死亡、今年はすでに36人が溺れたという。
250万人が紛争によって家を追われてるイエメンが、266,000人の難民のホスト国なのだという。

 

1月に再開されるはずの和平の交渉についての報道はないみたいだ。