ウィンターカップ 男子決勝

去年、明成が優勝した時、2年生主体のチームだったから今年はみんな3年になって、圧倒的に強いのかな、と思ってたけど、これまで見た試合では、絶対的強さみたいなのはあまり感じなかった。(素人の見た印象です、あくまで)
土浦日大も強いけど、相手が絶望的になるほどの強さ(って、そういうのを見たことがあるわけではないんだけど)って感じでもなく、でも、昨日の準決勝後半では、もう嫌になるくらい3ポイントが決まっていて、もしかして土浦日大優勝かなあと思ってたんだけど、やっぱり明成は強かった。

昨日、能代工業戦で、後半から3ポイントが面白いように決まって、勝った。今日は、土浦日大の方は、前半から結構3ポイントが決まって、逆に明成は、外からのシュートが全然決まらなかった。
だから、印象としては、土浦日大の方が、結構点差つけたかなあという感じがしたんだけど、実際点差を見ると全然ついてなかった。八村選手が、ゴール下に入って次々と決めてたし、土浦の方のゴール下のシュートを、ブロックすることも多かったから。

後半に入ると明成の方も外からのシュートが決まるようになり、ついに逆転してリードを奪った。最終的な点差は78・73で5点差だけど、追いつけば離す、追いつけば離す、という感じで、明成強かった。
前半、他の選手が決まらない時に八村選手が一人で支えたって感じで、そういうことができるってのが、すごいなあ、と思いました。


3位決定戦は能代が勝った。昨日は昨日、今日は今日。もとより名門だし、全国ベスト4に入るくらいだから、選手個々の能力はもちろん高いんだろうけど、それよりもザ・チームって感じがすごくして、見ていて楽しかった。

 

来年はどうなるのかな。