アレキサンドロス幕張ライブに行ってきた

アレキサンドロスの幕張メッッセライブに行ってきた。子供のお供で、朝から物販に並び、ついでに向かいでやってるジャンプフェスタを覗こうと思ってたんだけど、1時間待ちですと言われたので諦めて、イオンでご飯を食べて、ライブ会場へ。

オールスタンディングは、絶対汗かくからコートや荷物はクロークに預けた方がいいと、子供が事前にリサーチしてたけど、クロークから荷物を引き出すのに時間がかかるという声もあったので、荷物はウエストバックだけにして、コートも極力軽いものにして、自分で持ってることにした。クロークに預けるのもすごい列だったみたいだから、とりあえず預けなくて正解だったと思う。
幕張メッセは初めてだから、トイレ情報なども事前に調べてたら、結構あるから大丈夫とあった。確かに外にも仮設が設置されたり会場にも何箇所かあったけど、会場の収容人数の割に中の個室の数が少なく、女子トイレに関しては男子トイレを女子用に転用してたけど、30分待ちくらいの列で、男子トイレ転用のせいで男子も結構列を作っていた。混雑する場所ではそれくらい普通かもしれないのだけど。

アレキサンドロスの方は、若い女の子の比率が高かったけど、ちょっと列に並びかけたジャンプフェスタは、男女比がアレキサンドロスとは逆なのが面白かった。

物販も、1時間待ちくらいですと言われたけど、結局2時間以上並んだ。ほんと、ライブって1日仕事だ。

 

18:00開演予定だったけど、京葉線が遅延していてまだ来場できないお客さんがかなりいるということで、20分遅らせますというアナウンスが入った。早速ツイッター京葉線ジャンプフェスタとアレキサンンドロスのツイートがジャンジャンあげられたみたいだけど、「ワンテンポ遅れた京葉線」っていうコメントを見たときには笑ってしまった。上手いこと言う人がいるんだなあ。

 

ライブの内容については、かっこいい、の一言です。子供のお供だから、特に事前知識はなくて、(最新アルバムは何回か聞いて予習はしてきたけど)そもそも物販で2時間も並んだのがびっくりで、人気ある人たちなんだとその時に感じたくらい。

アルバムではあまり目立たなかったように思えたベースとドラムがライブでは、ものすごく力強くて、ロックのバンドなんだと改めて感じた。ヴォーカルは最初から高音全開で最後まで持つんのかななんて失礼なことを最初思ったけど、最後まで力強く歌ってもらえたし、後ろの方だからほとんどモニターさえ見えなかったけど、時々見えた演奏シーンが、みんなすごくかっこよくてほんと、ザ・ロックって感じだった。