読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イエメンの報道から 

報道によると、国境なき医師団の運営するイエメン北部の医療センターが、月曜日夜11時頃、サウジアラビア主導の軍事連合の戦闘機に少なくても2度空爆された崩壊したという。当時12人ほどいた患者とスタッフは、爆撃の合間に避難することができたらしい。

空爆が始まって7ヶ月の間に、幾つもの医療施設が爆撃されてはいたけど、国境なき医師団運営の病院が直接攻撃されたのは初めてだという。
施設の位置は、6ヶ月前に連合国側に通知してあったし、毎月再確認していたという。

フーシ派の牙城である北部は、連合国側の激しい空爆が実施されてるというニュースを時々見かけるけど、ここはそんな中で稼働してる数少ない施設の一つだった。
今月に入って、アメリカが、アフガンで国境なき医師団の病院を空爆して、少なくても23人が殺された。調査はまだ続いてるらしいけど。医師団側は国際的調査を要求してるという。

サウジアラビアは、人道的援助のための休戦をしたいけど、フーシ派は信用できないと月曜日にコメント。両サイドがお互いを非難して、今までの人道援助のための休戦はことごとく失敗に終わってるらしい。

国連は、イエメンを南スーダン、シリア、イラクと並ぶ、最高レベルの人道危機状態にあると位置付けてるみたいだけど、今の所誰もサウジアラビア主導の空爆や海上封鎖を止められないみたいだ。

今月終わりには和平交渉が再開されるかも、って報道がされたのが、先週のことだったけど、どうなってるんだろう。