軽減税率、面倒くせえ、、、。やっぱ悪態より、悲しくなるかも。

年をとると人間丸くなるっていうけど、自分に関して言えば、年をとって怒りのパワーがなくなったような気がする。
安保法制の国会審議を見ていて、安倍首相が野次将軍になったときとか、以前ならテレビに悪態ついてたと思うんだけど、なんだかそんな気力さえなくなってた。あまりに情けなくてっていう気分もあったかもしれないけど。

上の子に比べて下の子には、それほど怒ることもないし、まあ、年齢を重ねるってこんなもんかなと思ってたんだけど、今朝のニュースでやってた麻生財務大臣の発言には久々腹が立った。消費税の軽減税率については、以前から面倒くさいとか言ってたような記事を読んだ覚えはあるけど、実際に大臣が発言してる映像と音声を聞いたら、むかっ腹が立ってしまった。

めんどくせえんだよ、インボイスとか中小に負担がくるよ、みたいな意味でのめんどくせえって発言だったんだけど、面倒くせえ?

マイナンバーだってめんどくせえんだよ、それ利用した還付方式だって、なんか読み取り機買わなきゃいけねえんだろ?負担でけえんだよ。安保んときに、砂川判決まで持ち出すほど訳わかんない理屈で言いくるめる頭があるんなら、中小になるたけ負担をかけないで軽減税率導入する方法を考えるのが、てめえらの仕事だろうが。それをめんどくせえ?
と、思わず悪態をつきたくなってしまった。

この人のこういう発言は、べらんめえ調が親しみやすいし、本音を言っててわかりやすい、と評価することもできるのかもしれないけど、自分にはそんな甘い評価はできそうもない。

先日病院に行って、薬を処方された。薬局で薬代を払う時、量が少なかったせいもあるけど、あまりに少額だったので軽く驚いた。
アメリカの製薬メーカー買収屋さんが、買収した後、薬価をめちゃくちゃ引き上げて利益を出すっていう、そんなのアリですか?っていうような商売をしてるって記事を読んだ後だからかもしれないけど、ちゃんと国民皆保険で、薬価も国が管理してる日本という国のその制度を、しみじみありがたいと感じた。
この制度の導入についての経緯はなんも知らないけど、制度を設計して導入した人たちが過去に確かにいたわけで、それはそれは”面倒くせえ”仕事だったと思う。でも、”面倒くせえ”なんて言葉、その人たちは、頭の片隅にも浮かばなかったんだろう。じゃなきゃ、成し遂げられないよね。たぶん。

比べても仕方ないけど。なんだかなあ、って気分にはなる。