ハイキュー!! 第177話 不快な壁 感想

白鳥沢戦では、ウシワカという怪物スパイカーの攻略が、烏野の最大の課題なんだろう

と、思っていた。
で、東京合宿の前に、日向・影山がウシワカに遭遇して、あなたを倒します宣言をしてから、2人とウシワカの関係には目がいってたけど、月島とウシワカというのは目に入ってなかった。実際にゲームが始まるまでは。

月島はこの試合の中で対ウシワカの中心として、ミドルブロッカーとして、急成長したんだろうな。これまでも所々で、ミドルブロッカーとしてのプライドは覗かせてたし。ドシャットは1回だけど、しつこくしつこくワンタッチをとって、相手にとって不快な壁になる。ウシワカに取って”不快な壁”なんて、それだけで勲章ものだと思うけど。でも、技術的にはまだまだ発展途上、多分。

フォームの出来上がったクラスの選手になれば、そうそう指の骨折などの怪我はしないそうなのですが、指の脱臼だの骨折だのは、まだ発展途上の中高生くらいだとアルアルの怪我だと、ヤフー相談室みたいなところのお返事に載ってました。

 

烏養さんは、白鳥沢は県内で最も未完成なチームと言ったけど、別の意味で最も未完成なのは烏野なのかもしれない。個々の能力の最大限の追求に重点をおく白鳥沢と、掛け算バレーを追求してるけど、チームとしても個々の能力としても発展途上の烏野。チームの構成を見ても、スターティングメンバーの半分が1年生なんだよね。それも影山の他は、中学時代からスター!選手だったってわけじゃない。(影山がスターかどうかは微妙なとこだけど)
公式戦一戦一戦で、チームとしての練度をあげた来たんだろうし、選手一人一人も同様。その中でも、この試合を通して、ここまでダントツで成長と変化を見せてきた月島が、ここで怪我か?
ウシワカが目覚めちゃって、影山いなくて、ただでさえ烏野はほぼ絶体絶命状態なのに、月島負傷?突き指した時は、あんな表情してなかったから、指先持ってかれて、脱臼とか?骨折?(バレーボールじゃなくてバスケだけど、自分の子供も強いパスをカットしようとして変に手を出してしまい、ボールに指先持ってかれて脱臼したことがある。その時の痛みは、突き指の痛さを究極にしたような痛さ、って言ってた。よくわかんないけど、とりあえず、すっごく痛いらしい)
ここで月島交代だとしたら、MBは成田か山口。条善寺戦で、影山に代わって菅原さんが入った時、日向に代わって入ったのは成田だった。(いろいろ試そうってことじゃない?by二口)でも、第5セット、3点差のこの場面で、そんなことあり?

 

それにしても、お兄ちゃんと山口が気付くのは当然として、影山も月島の異変に気付いた。ボールにタッチした時点で気付いたのなら、影山の目も日向ばりの視力があるということで、月島の様子を見て気付いたのだとしたら、一人一人の観察という点で、インハイ予選の時からちゃんと成長してたんだね。どっちにしても本当、ことバレーに関しては鋭い観察眼を持ってるということですね。

対ウシワカでみると、もしブロックの要がここでいなくなったら、それは烏野にとって致命的なことのように思える。ブロックなしで拾えるようなスパイクじゃなさそうだし。

 

影山もここまでブロックけっこう活躍してたと思うけど、対ウシワカに限ればやっぱり要は月島。
影山は、これまでも日向の高さにかなうのはうちでは月島と影山くらいだしとか言われて、ハイキュー!!の中では、高さがある選手という評価だけど、身長は180・6。
青城vs伊達工戦で、岩泉が3枚ブロックと勝負にいった時、ギャラリーが、青城のエースはもともと大きくないけど余計小さく見えるといってた、その岩泉の身長は影山と2センチも変わらない。
そう考えると、影山が高さで評価されるのは、青城に比べれば、烏野は全体に小さいから180越えが貴重ということくらいだと思ってた。で、ガイドブックに載ってた各選手の最高到達点を見て納得。影山の高さは、身長というより最高到達点にあるんだ。
日向みたいに助走つきでブロックすることはないにしても、基本の跳躍力があるということなんだろうから。
3枚ブロックの高さ、月・影・旭の時は、332・335・330(最高到達点だからブロックの高さではないとは思うけど)
烏野で、この次に高いのが、田中で322。成田は320とあるから、田中と変わらない。10センチ低いってのは、けっこう大きいような気がするんだけど。
でも、まだ月島交代って確定したわけじゃないしね。


白鳥沢から見ると、イラッとさせられるという点で、影山と月島は似たようなタイプの嫌な奴なのかもしれない。攻撃と守備、影山はプレイだけで口がついてこないとこが月島とは違うけど。二人とも、意識してか無意識にかはわからないけど、自分のキツさを見せまいと、強気を押し通そうとするとこも似てる。

天童さんもノリノリ。前のセットまで、読みにくくて小憎たらしい影山に付き合ってきたから、悪くはないけど教科書通りの(by及川)わかりやすいセットをする菅原さんに替わって、ものすごく嬉しそうにブロック飛んでる。うんうんわかるよ、の背景までほんわかトーン。(田中さんの渾身のインナーに肩透かし食らっちゃったけど)
でも、もし月島交代とかなったら、菅原さん中心でやるしかないんだから、もしかしたら、天童さんのゲスだって、裏かかれるかもよ。裏の裏の裏、とか、影山相手ならあるかもしれないけど、菅原さんはそこまではないだろうな。でも、意外に単純な”裏”くらいに、ゲスは軽く引っかかったりするかも。