よくわからないときは、もっとよく勉強しなさいってことなんでしょう。子供にはそう言うしね。

自民党石破茂国務大臣がブログで、「戦争に巻き込まれる恐怖」と「同盟国から見捨てられる恐怖」という同盟のジレンマの中で、安全保障政策を立案する責任、について書いていた。今回の安保関連法制の審議の中では、戦争に巻き込まれる恐怖の方ばかり議論されて、同盟国から見捨てられる恐怖についてはまるで議論がされなかったのは異様だとあった。

本当に見捨てられちゃったら、どうするんだ?
失った力を補うために、日本は自前で、その分の戦力を補わなければならない。それには、時間とお金がかかるけど、それができる前に、有事があったらどうなるのか。ってことも考えた上で、今回の安保法制に反対してるのでしょうね?

石破さんは丁寧な語り口だけど、見捨てられる恐怖、とか言われると、脅されてるような気もする。

 

安保条約について、日本は基地負担をしているということで義務を負っているから片務的ではないという主張と、アメリカが日本を守る義務を負ってるのに、日本を守るためにアメリカ人が危険にさらされても何もできない場合があるのはおかしい、という主張があって、日本の義務なんて基本的なことについても、見方が分かれる。


見捨てられる恐怖、に対しては、一方で、日本の基地は、アジアにおけるアメリカのパワー展開にとってとても重要なものだから、日本がおたおたしなくたって、アメリがこの基地を手放すはずがないという主張も聞く。


どっちだろう。エイやって、結局どっちかを信じるしかないのかな。そうなるともうお信心様だね。