ハイキュー!! 第172話 スタミナ勝負 感想

・・・どうしたんですか?影山くんのラストの笑顔。影山ファンとしては完全ノックアウトだけど。

影山くんのあんな顔初めて見た。まさかゾーン入り?(ないない)
でも、あんな顔させた以上、あと2点(先週もあと2点だったんだけど)、影山メインで獲らせてください。


とは言いつつ、なんか今回は、古舘先生に負けた気分。スタミナ勝負、ウシワカと日向ばかりに注目してしまっていたけど。鷲匠先生の言う通り(付け焼き刃っていうのがちょっとムカつくけど)、この試合の中で守備力の向上はみえてきた烏野だけど、決していいボールがセッター影山に返ってきてるわけではなく、ギリギリあげてるってのが多いんだと思う。それをなんとか攻撃に繋いでるのは、影山のカバー力と精密なトス(多分)。それはわかっていたはずなのに、影山のスタミナには何の不安も持っていなかった。
不覚!、、、。なんかやっぱ勝手に勝負して負けた気分。

 

月島とのコンビミスというと、インハイ予選の青城戦のが印象に残ってるけど、あの時は、まだ一人で戦う意識が抜けなかった影山が、勝手に焦って自滅したミスだった。今回のは、体力的にばてばてなのか、集中力がばててきてるのか、どっちかわからないけど、あの時とは全然違う。もう一人でなんとかしようっていうのは全然ないから。それについては、なんたってあの及川さんのお墨付きだし。一人じゃないあいつは強いよ(俺には負けるけど)。実際、三枚ブロックの高さも低くはなってないみたいだし、スタミナはどうなんだろう。

根性論はハイキュー!!にはでてこない(テストの時以外はね)。
追い込まれてからのここ一本の集中は、日向がよく見せてくれる。影山は、最初の3対3の時の神業的な日向へのトスとか、最速最高点で勢いを殺す超神業トスとか、未知のものにチャレンジしてる時が一番苦しそうで楽しそうだから、この試合、王者相手にチームとしても自分としても苦しい時をどう乗り切るか、苦しいけど楽しいチャレンジ、としか思えないんだけど。影山に根性は似合わないから、ランナーズハイみたいな感じで、あと2点、なんとか獲ってくれないかな。

24・24になったとこで、次もジャンプフローター。中々きれいなレシーブがセッターに返らないみたいだから、普通ならレフト頼みとか言われる高いトスを旭さんにあげるとかするんだろうけど、負けず嫌いであんな顔した影山くんのことだから、そっから速攻?みたいに、もう一回月島を使わないかな。天童さんがそれを読んでてブロック飛ばれて、でも月島はフェイントでやり返して1点。穴を突き返してやれって感じにやり返してくれないかな。かなり妄想入ってますが。どんな展開にしろ、ギリギリでなおかつ強気っていう影山が見たいです。

 

烏養さんが菅原さんをチラ見したり、気持ち悪いからやめてと言いながらも影山の様子を観察したりする月島が気にはなるけど。菅原さんも不安の混ざった表情で影山みてるし。影山を見る菅原さんの表情は、前回もチラッと出てきたのと同じ表情に見える。ウシワカのスパイクを日向がワンタッチして、日向を囮に田中さんにあげた一本が決まった時に、やっぱり同じ顔してた。今となれば、日向の疲労に対する不安だったのか、同じセッターとして影山に感じる不安だったのか。影山交代かなあ。

菅原さんが影山に交代するとすれば、影山を休ませるためという理由以外にセッター菅原を起用する意味はどこにあるんだろう。第5セットは、15点だから休ませるといってもそんなに悠長なことは言ってられないだろうし。
決して悪くはないけれど、教科書通りの優等生的セットアップで組み立てるセッター(だから与し易い)と及川さんに評された菅原さんの組み立てが、白鳥沢相手にそんなに通用するとは思えないし。(素人が上から目線でごめんね、スガさん。)

でも、このセット獲れれば(とれなきゃ終わりだけど)、ウシワカのスタミナにも陰りが見えてきそうな感じがするし、影山くん、頭の疲労にはチョコ食べて、頑張って!