仙台市民体育館! 2・3で負けたけど、いい試合でした、、

ワールドカップバレー女子、日本対セルビア。セットカウント1・2と追い込まれてからの第4セット。途中までセルビアに押されてたから、フルセットはいかないでここで決まるかなと思ってたら、逆転で日本がとった。粘って粘っての、集中勝ちって感じだった。
高さではセルビアに全然敵わないから、3メートルを超えるような打点からの強打はもうどうにもならないけど、サーブで崩してっていう攻撃は決まってたみたい。170の参加アタッカー中一番低い身長の選手が、セルビアの高い2枚ブロックを抜いてスパイクを決めてた。
解説の川合さんが、まさかこんな小さな選手が打つなんて向こうもびっくりでしょうみたいなこと言ってたけど、ほんとびっくり。

セルビアのクイック、ものすごく高い位置からものすごく鋭角に決まってた。サーブで崩すってのがやっぱり大切なんだなあと思いました。

最終セットは15対9でとられて、3・2で負けてしまった。
残念。

バレーボール観戦初心者だからよくわからないんだけど、女子って3枚ブロックはしないのかな。日本の試合しか見てないけど、3枚ブロックって、まだ見てないような気がする。


この試合は、仙台市民体育館でやってたんですね。
そうか、烏野はここで今試合をやってるのか、と、ちょっと感慨でした。